[提供: サイエンスパーク株式会社]

利便性と安全性の両立をコンセプトとした『CFKeeper for OneDrive』

OneDriveの利便性を阻害せず、OneDriveの同期フォルダのセキュリティを強化します。

 

■概要

マルウェア対策/標的型攻撃に対応
OneDriveの同期フォルダからの不正なファイルの流出を防ぎます。

●PC紛失時の情報漏洩を防ぐ
OneDriveの同期フォルダのファイルは自動的に暗号化。
万一PCを紛失しても、同期フォルダ内のファイルは暗号化されているため安心です。

●OneDriveのメリットを阻害しない
クラウド上のデータは平文のため、「何処からでもアクセスできる」「外部と情報を共有できる」といったOneDriveの利便性はそのまま活かせます。

■解決される課題

●PCのウイルス感染による同期フォルダからの情報漏洩対策。
同期フォルダ内にファイルの実体が保存されたPC紛失による情報漏洩対策。

■その他

OneDriveの同期フォルダ内のファイルを暗号化。

標的型攻撃、マルウェア感染等による同期フォルダからの不正なファイルの持ち出しを禁止します。

●OneDrriveの同期フォルダ内のファイルは暗号化しますが、クラウド上のOneDriveにアップロードするデータは平文です。そのため、外出先からPC/タブレットでOneDriveのデータを参照・編集したり、OneDriveのデータを共有したり等のOneDriveの利便性は損なわれません。

■利用料金(税抜)

月額 480円 / 1ライセンス