May 27,2022

高度なAzureの運営能力を証明。Azure Expert MSPのご紹介

「マイクロソフト パートナーネットワーク(MPN)(※)」のパートナーのみなさまは、標準の特典に加え、「Azure Expert マネージド サービス プロバイダー (Azure Expert MSP)」の取得によって高度なクラウドマネージドサービスの能力や専門性、実績が証明されていることを顧客にアピールすることができます。本記事では、Azure Expert MSPについてご紹介します。

(※)MPNは2022年10月3日よりMicrosoft Cloud Partner Program に変更となります。詳しくはコチラをご覧ください。

Azureの高度なマネージドサービスを証明したい皆さまへ

顧客企業に最適なソリューションを届けるすべてのパートナーのみなさまのために、ビジネスに必要なリソース、プログラム、ツールを提供し、市場での差別化を実現する「マイクロソフト パートナー ネットワーク(MPN)」。技術支援や販売支援、認証など、貴社のビジネスが成長するための、多岐に渡るサポートを取りそろえています。

MPN では、パートナー様が技術力やソリューションを顧客企業にアピールできるように、マイクロソフトの認証を多数提供しています。今回はその中から、クラウドマネージドサービスの能力を証明できる認定制度「Azure Expert マネージド サービス プロバイダー (Azure Expert MSP)」のメリットや取得方法を、わかりやすく解説していきます。

Azure Expert MSP の取得には、「マイクロソフト パートナーネットワーク(MPN)」の加入が必要です。

>>MPN の概要を知りたい方はコチラから

Azure Expert MSP の概要

Azure のマネージドサービスにおいて、他社との差別化を可能にするプログラム

優れたソリューションの提供を担うパートナーのみなさまは、高度な技術力だけでなく、顧客企業との強固な信頼関係が必要になるケースも多いでしょう。 MPN では、そうしたパートナーさまのニーズにお応えすべく、「ネットワークメンバー」「アクションパック」「シルバー / ゴールド コンピテンシー(※)」の3つのメンバーシップに加え、「Azure Expert MSP」「Advanced Specialization」といった2つのプログラムを用意しています。パートナーのみなさまは、これらのレベルに応じた販売支援やインセンティブ、認証を受けることが可能です。

(※)2022年10月3日より、コンピテンシーはソリューションパートナー認定に変更となります。詳しくはコチラをご覧ください。

Azure Expert MSP は、パートナー様のクラウドマネージドサービスにおける能力が厳正に評価され、認定を受けるプログラムです。人、プロセス、テクノロジーを通してお客様がクラウド導入を通じて短期的および長期的な目標を達成するために必要なアプローチを備え、一貫性のある反復可能な高度なマネージドサービスを提供する能力を証明することで、競合他社との差別化を可能にします。

Azure Expert MSPでは、高度に進化したモデルのマネージドサービスパートナーを認証します。 Azure Expert MSPのビジネスでは、顧客のライフサイクルに応じた人とプロセスにフォーカスし、従来のMSPに比べ「自動化とDevOps」に大きな重点を置いていることが重要です。また高度な技術を持つ組織としてDevOps、SysOpsにスキルセットを持ち、クラウドソリューションを設計し、プロフェッショナルな技術コンサルティングの提供が可能なパートナーとなります。ワークロードやオファーではなく、お客様のソリューションやアプリケーションによるビジネス上の成果にフォーカスしていることが求められます。

Azure Expert MSPは、ハイパースケールなクラウド導入をサポートするために、反復可能で高度に自動化されたソリューションを提供する必要があります。Azure Expert MSPのサービスは、アジャイルな顧客主導の設計であり、コンサルティング、移行、管理を組み合わせて、お客様を従来の「設計、構築、運用」プロセスから「設計、最適化、変革」サイクルに進化させます。フォーカスは、ビジネス価値指標、SLA、回復力、および継続的な最適化により成果を上げ顧客企業の価値を創出することです。

監査機関にて能力が証明されたパートナーとして、顧客企業にアプローチする

Azure Expert MSP を取得するためには、必須要件を満たし、第三者機関の審査に合格する必要があります。マイクロソフトによる審査ではない、外部による客観的な評価を組み込むことで、信頼性の高い認証を実現しています。

コンピテンシーの上位概念である Azure Expert MSP は、「Cloud Platform」のゴールドコンピテンシーを獲得していることが条件となります。主な取得企業は Azure のマネージドサービスの提供企業であり、具体的には以下のようなパートナーさまに取得(※)いただいています。

(※)2022年10月3日より、Azure Expert MSPの取得において、ソリューションパートナー認定が必要となります。

●高い基準で審査されるAzure Expert MSP の監査へ対応することで自社のマネージドサービスの客観的な評価を行い改善していきたい

●お客様がクラウド導入を通じて短期的および長期的な目標を無事達成するために必要なアプローチ方法をCAF(Cloud Adoption Framework)に沿って提供 したい

●Azure のマネージドサービスで際立った業績を上げており、他社との明確な差別化を図りたい

●高い第三者機関の基準の審査にて能力が証明されたパートナーとして、高度な信頼を獲得したい

●お客様のクラウドライフサイクルにおいて、計画/設計→構築/移行→実行/最適化とエンドtoエンドでのサービスを提供、管理できる・セキュリティや災害対策、自動化、運営体制などにおいて明確な反復可能なプロセスとポリシーを持っている強みがある

●顧客企業に対しデジタルトランスフォーメーションをサポートする革新的なビジネスソリューションに向けてベストプラクティスを提案できる

なお、認証において必要になる、コンピテンシーの概要につきましてはコチラからご確認いただけます。

認証取得の要件

パートナーのみなさまが Azure Expert MSP を取得するためには、以下の条件が必要になります。

●コンピテンシー(※)

アクティブなGoldの Cloud Platform コンピテンシー を獲得している。

(※)2022年10月3日より、Azure Expert MSPの取得において、ソリューションパートナー認定が必要となります。

●Azure 消費

1カ月あたりの Azure 消費量の最小バーが水準以上となっている。

●クラウド ソリューション プロバイダー(CSP)

有効な クラウド ソリューション プロバイダー(CSP)契約を締結している。

●MSP サービス

自社 MSP サービスの内容を AppSource または Azure Marketplace に記載している。

●Azure MSP サービス

自社 Azure MSP サービスをWeb サイトでプロモーションしている。

●認定資格

必要な認定資格を持つスタッフの最小数を満たしている。

●顧客事例

Azure MSP ソリューションに関する4 件の顧客事例を提出できる。

(4 件中1 件は公開された事例であることが必要)

●サポート契約

Azure を対象とする Advanced Support for Partners または Premier Support for Partnersに加入している。

Azure Expert MSP のお申し込み、詳細はパートナーセンターよりご確認いただけます。詳細の前提要件や監査チェック項目は、「監査チェックリスト」をご覧ください。

また、現段階で Azure Expert MSP の要件を満たしていないパートナーさまは、メンバーシップの強化やトレーニングをご活用いただくことも可能です。詳細はコチラをご参照ください。

Azure Expert MSP のメリット

他社との差別化

Azure Expert MSP を取得すると、特別な「Azure Expert MSP バッジ」を獲得することでき、自社Webサイトやプレスリリースに掲載することができます。また、取得パートナーさまは、マイクロソフトのパートナーディレクトリにソリューション内容などの情報が公開され、検索エンジンの上位に表示されます。マイクロソフトのユーザー企業の間での認知度を高め、パートナーさまの Azure における高度な専門性を示すことで、他社との圧倒的な差別化を実現できるでしょう。

ビジネス支援と顧客エンゲージメントの向上

Azure Expert MSP を取得したパートナーさまは、マイクロソフトのウェブサイトにおける露出やマイクロソフトとの協働マーケティング推進、営業チームとの連携などにより、新規顧客企業へのアプローチ、顧客エンゲージメントの向上を実現できます。

各種支援

マイクロソフトの提供する各種グローバルプログラムへの参加要件を取得したり、特別インセンティブを受け取ったりすることができます。また、マイクロソフトの トレーニングやサポートについて、Azure Expert MSPパートナーさま限定のインビテーションを受けることも可能です。

Azure Expert MSP でご活躍いただいているパートナーさま事例

ここでは、実際に Azure Expert MSP を取得されたパートナーさまの事例を紹介いたします。(アルファベット順)

株式会社FIXER

Azure Expert MSP の取得理由

Microsoft は2018年の Inspire で「エンタープライズシステムを、再利用可能なクラウドネイティブなアーキテクチャで構築する」という“Configurable Cloud”という思想を提唱しました。これはFIXER創業時からの想いでもあり、当社のマネージドサービスブランドである“cloud.config”にも、その想いが込められています。

こうした、我々が長年培ってきたノウハウを客観的かつ徹底的な、世界基準の監査によって認めて頂くことによって、 cloud.config を世界に通じるブランドにしたい――そのような考えから、 Azure Expert MSP の取得にチャレンジすることにいたしました。

マネージドサービスの特長

2009年に創業した当社は、2008年に立ち上がった Azure の黎明期から日本におけるエンタープライズのみなさんのパブリッククラウド導入をご支援してきた、クラウドネイティブなマネージドサービスプロバイダーです。こうした背景もあり、 cloud.config は初期の Azure サービスから最新のコンテナ技術まで、非常に幅広い技術をカバーしています。

cloud.config の構築サービスにおいては、自動化などパブリッククラウドのメリットを最大限に享受したアーキテクチャをご提案します。そして、監視・運用・障害一次対応までをワンストップでご依頼頂くことにより、システムの安定化やコスト削減に貢献いたします。

富士通株式会社

Azure Expert MSP の取得理由

当社は Microsoft 社協力のもと国内でいち早く Azure の提供を開始し、10年以上に渡るAzure を活用したシステムインテグレーションサービスにより、お客様のデジタル革新を支援してきました。

これらの取り組み及びそれらを支える技術力の証明として、2019年に国内初となる本認定を取得しました。

マネージドサービスの特長

当社は SAP をはじめとする基幹システムのクラウド化を中心に、全世界で数百規模のAzure 導入事例がございます。

今後もグローバルで標準化された高品質かつ柔軟なマネージドサービスの提供を通じて、お客様のビジネス革新に貢献して参ります。

株式会社インターネットイニシアティブ

Azure Expert MSPの取得理由

IIJは自社クラウドサービス「IIJ GIO」と Azure の連携、 Azure との閉域接続サービスの提供など、マルチクラウド戦略を推進しており、ネットワークを含め、 Azure サービス全般でのシステム設計、構築、運用を行ってきた技術力、およびお客様への導入実績をもとに本認定の取得に至りました。

なおIIJは、 Azure のネットワークサービスに特化した「Microsoft Azure Networkingマネージドサービスプロバイダー(以下、Azure Networking MSP)」を取得しており、 Azure Expert MSP でふたつめのパートナー認定取得となります。

マネージドサービスの特長

IIJは20年以上にわたるクラウド基盤でのシステム構築、運用で培った知見をもとに、 Azure の安定したマネージドサービスを提供しています。 Azure サブスクリプションを管理できる独自ポータル、200社を超える導入実績の Azure 閉域ネットワーク接続、システム運用を自動化する統合運用管理など、ネットワークや運用領域もサービスとして備え、ワンストップでご提供できるところが強みです。

日本ビジネスシステムズ株式会社

Azure Expert MSPの取得理由

JBSはクラウドインテグレーターとして、お客さまのデジタル変革をリードし、クラウド活用を支援しています。今後も日本社会におけるデジタル変革の加速にますます貢献していくために、豊富な実績と高度な専門性を証明できる Azure Expert MSP の取得を目指して取り組んでまいりました。

マネージドサービスの特長

「よい運用はよい環境から」というコンセプトで提供している「マネージドクラウド for Microsoft Azure」が挙げられます。このサービスの独自性は、運用を行うだけではなく、その前段階である”運用するための最適な環境を整備すること”を重視している点です。お客さまの「Microsoft Azure」環境を分析した結果に基づき、 CAF に準拠した最適な構成を見出してシステム環境を整備します。環境整備によって運用コストの適正化を実現し、今後のクラウド活用計画についてのアドバイスも実施するサービスです。

ソフトバンク株式会社

Azure Expert MSPの取得理由

企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するために、パブリッククラウドと関連するネットワークやセキュリティーなどのソリューションの包括的な提供を推進していく中でその経験と実績を明示するため。

マネージドサービスの特長

経験豊富なクラウドプロフェッショナルがパブリッククラウドの導入コンサルティング、設計構築、移行作業や導入後の運用保守までをワンストップでサポートします。

クラウド環境とお客さま環境をセキュアに接続する閉域網サービスや、利用状況にあわせて10Mbpsから1Gbpsまでの幅広い接続帯域のネットワークサービスもご提供可能です。

クラウド時代のDXを牽引するために

クラウド上のビジネス環境がスタンダードになりつつある昨今、 Azure は多くの企業のインフラ基盤として定着しつつあります。顧客企業のデジタル推進をサポートするためには、構築にとどまらず、継続的な運用・改善を提供していく必要は高まるでしょう。

そうした中、顧客企業がパートナー様に求めるのは、柔軟・迅速・安全に協業ができる技術力と推進体制です。 Azure Expert MSP を取得し、 Azure の専門性を証明することで、顧客企業の大規模プロジェクトもサポートできると考えられます。私たちマイクロソフトは、 Azure Expert MSP をはじめとしたプログラムを通じてみなさまが当社とのパートナーシップを最大化し、事業を成長していただくことを、心からお待ちしています。

Azure Expert MSP の詳しい情報をご覧になる方はコチラにアクセスしてください