Jan 18,2022

技術スキルのギャップを埋める:なぜ継続的な学習が必要なのか

この記事はMicrosoft Partner Network – MPN Blogs site に掲載された記事 Closing the tech skills gap: Why partners should embrace continual learningの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。

私は最近、キーボードの演奏を習い始めました。人によっては、このようなチャレンジは怖いと思うかもしれませんが、私は1曲だけ弾けるようになるという現実的な目標を選びました。一気にエキスパートになる必要はないので、楽器をマスターすることを目標とはしませんでした。

技術に関する学習も同じで、毎日少しずつ学ぶことに集中すればいいのです。時間の経過とともに、知識は蓄積されていきます。クラウドやハイブリッドコンピューティング、AI、IoT等テクノロジーの進化が加速する中、私たちは常に学び続け、スキルを向上させることが求められていることは、誰もが認めるところでしょう。

マイクロラーニングのアプローチは、学習へのハードルを低くし、皆様が習得すべきスキルとの関連性をより高めます。今回のMicrosoft Azure Cloud Week for Partnersは、このようなアプローチで実施され、パートナー様にとってロールベースのAzure認定資格のための知識を向上させる絶好の機会となります。このような機会を提供することで、マイクロソフトは、私たちの業界に影響を及ぼしているスキルギャップの解消に貢献したいと考えています。

スキル格差がもたらすもの

なぜスキルアップが重要なのでしょうか?それは、企業と技術系社員の未来に不可欠だからです。グローバルナレッジが2020年に行った調査では、IT部門の意思決定者の78%が、現在と将来のニーズに対応するためのスキルがチームに不足していると回答しています。さらに、68パーセントが今後2年間でさらなるスキル不足が生じると予測しています。その結果、IDCによると、スキルギャップは2019年だけで企業に3020億ドルの影響を与えたと推定されています。それは、既存の技術系社員の労働時間の延長や仕事量の重さにまでつながっています。一方、需要のあるスキルの新たな認定を取得した社員は、1万2000ドル以上給与をアップさせているのです。

テクノロジーの進化のスピードが速い今、マイクロソフトとパートナー企業様は、人々がスキルをアップグレードし、認定資格を取得し続けるために必要な機会と時間を提供することが重要です。IT部門の意思決定者は、チームメンバーがマイクロソフトの認定資格を取得して技術スキルをアップグレードすることに価値を見出し、その結果もたらされる投資対効果を認識しています。パートナー様の多くもこれに同意しており、過去2年間で、トレーニングと認定に関する活動が200%増加したことを確認しています。

また、パートナー企業様の間では、技術系社員にトレーニングや認定を受けさせるだけでなく、プロジェクトの即戦力となってほしいというニーズが高まっています。マイクロソフトはこのギャップを認識しており、新入社員がより早くプロジェクトに参加できるようなアプリケーションベースのトレーニングを受けることができるよう、現在パートナー様と協力して、新入社員を特定のロールタイプやAzureワークロードに対してより早くプロジェクトレディの状態にするのに役立つ加速トレーニング様式を提供することにしています。

学びのジャーニーを始めるためのヒント

皆様がAzureで技術ラーニングのジャーニーを始め、キャリアアップを目指し、そしてその経験を本当に有益なものにするために、私がこれまでに得た指針となる質問と便利なヒントをいくつかご紹介します。

1.まず、どのように学ぶのがベストなのでしょうか?自分のペースで進めるのが良いのでしょうか?インストラクター付きのコースで学びたいのか、それとも少しずつ集中して学びたいのでしょうか?それを明らかにすることで、最高の結果を得られるトレーニングオプションを選択することができます。

2.何を学ぼうとしていますか?知識をアップグレードしたり、特定の資格を取得したりするために必要なアプリケーション、プラットフォーム、スキルは何か分かっていますか?ニーズのある、またはより早くキャリアアップにつながるようなコースや資格はありますか?クラウドエンジニア、クラウドデベロッパー、クラウドデータエンジニア、クラウド管理者など、特定のロールを中心に学びたいですか?分からないことがあれば、上司や経験のある同僚に尋ねてみましょう。そして、上記で述べたように、あなたの学習目標が現実的なものであることを確認しましょう。

3.学習に必要な時間を確保してください。仕事に関連するスキルを学ぶのであれば、勤務時間の一部を学習時間に充てられるかどうか確認してください。そうでなければ、定期的に少しの時間でも、トレーニングを進める時間を確保しましょう。

4.最後に、新しいことを学んだら、それを応用します。仕事で使わなかったり、他の人と共有できなかったりすると、新しく学んだことを忘れがちになります。

この課題に取り組むパートナー様を支援する利用可能なリソース

トレーニングの需要が高まる中、マイクロソフトは、パートナーの皆様や私たちのチームの成功に最も必要な最新のスキルを提供するイベントやリソースの拡充に取り組んでいます。マイクロソフトは、Microsoft Learnによる常時接続のトレーニングや、有益なウェビナーや認定試験準備のためのユニットなどを提供するVirtual Training Seriesなど、トレーニングを開始するための様々なパスを開発しました。

私たちのトレーニングコースの多くは、学習を容易に消化しやすく、様々な要素にアプローチできるユニットに分解するよう工夫されています。なぜなら、すべての学習者にとって最適な方法は1つではないということを私たちは知っているからです。もし、あなたが今すぐ学びたいマイクロソフトのスキルがあるのであれば、私たちのコースを閲覧することで見つけることができます。

Azureについてもっと知って、キャリアをスタートさせましょう。

Azureクラウドの急速かつ顕著な成長と、クラウドコンピューティングに見られる大きな可能性から、Microsoft Azureのトレーニングと認定資格の需要が高いのは当然のことでしょう。Azureの基礎を学びたい方、Azureのロールベースのスキルを磨きたい方など、あらゆるレベルの方にお勧めの認定資格をご用意しています。

やはり一番いいのは?Azure Cloud Week for Partnersです。このバーチャルトレーニングイベントは1月24日から28日まで開催され、さまざまな分野でAzureのスキルを身につけたい技術者のために、5日間の集中的な体験を提供します。参加者は、インストラクター主導のコース、オンデマンドラボ、Q&Aセッションの中から、ご自身の忙しいスケジュール内で合った時間帯を選ぶことができます。各日とも、お住まいの地域に最適な開始時刻で2つのライブトレーニングセッションを提供しますので、簡単に資格取得の準備を開始することができます。

私たちのチームは、今回のイベントや今後のイベントがパートナーの皆様にとってできるだけ価値のあるものになるよう、また、皆様や皆様のチームのスキルギャップを縮めるようなスキルや知識を提供することを目標としています。ぜひご登録いただき、Azureのスキルアップを目指す学習者として、数日間を過ごしていただければと思います。