Dec 13,2021

マイクロソフト・パートナーとして自社を売り込むための3つのヒント

この記事はMicrosoft Partner Network – MPN Blogs site に掲載された記事Three tips to help you market yourself as a Microsoft partner – Microsoft Partner Network の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。

マイクロソフトのパートナージャーニーは、持続的かつ長期的な成功につながるように設計されています。パートナーの皆様が目標に向かって成長していくために、マイクロソフトはパートナー様の開発に継続的に投資しています。皆様が自社のソリューションを市場に投入する際には、私たちが提供するツールやリソースを活用することで、需要を喚起することができます。パートナー様としてのマーケティングを効果的に行うことで、お客様に製品やソリューションの価値や使い方をより深く理解していただき、印象を残すことができます。

競合他社に差をつけるためのマーケティングプランを作成する際に、押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

1.組織の差別化を図る

Go-To-Marketリソースの最終的な目標は、競争の激しい市場でパートナー様が差別化を図れるようにすることです。ターゲット層と独自の価値を明確にすることで、マーケティング活動は見込み客に強いインパクトを与えることができます。

組織を差別化するための3つの重要なステップに焦点を当てていきます。

  • ターゲット市場を知る:マーケティングプランの基本は、中心となる顧客層を明確に定義することです。市場分析では、会社の規模、業界、または専門的なサービス(またはこれらの要素の組み合わせ)を考慮し、顧客のニーズを中心とした方法で独自の価値を提案する必要があります。
  • トレンドを知る:業界の主要な指標を把握して市場での地位を確立した後は、常に知識を深めることで競争力を維持することができます。業界や顧客ベースのどの要素が進化しているかを把握し、常に最新の情報を得るためにトレーニングやテクノロジーに投資しましょう。最良の情報を参照することで、成功につながるようにリスクを取ることもできます。
  • 目的を知る:昨今の消費者は、自分の価値観を共有する企業との取引に高い関心を持っています。自社のストーリーを語る際には、自社が体現している価値観を盛り込むことが重要です。これは、お客様との信頼関係を築くだけでなく、自社の価値観やお客様の価値観に忠実な方法で発展していくことにもつながります。マイクロソフトでは、認定資格やコンピテンシーなどを通じて、皆様のコミットメントを開発・実証する方法を提供しています。

このような最初のステップを経て、自社のユニークな価値を明確にした包括的なマーケティングプランが完成します。この計画を参考にして、製品やサービスを宣伝するための媒体を多様化することができます。潜在的な顧客に、コンテンツを見たり、聞いたり、体験したりする選択肢を与えることで、メッセージの停滞を防ぎ、新たな視聴者層を獲得することができます。多様化することで、どのようなリスクを取るべきか、いつそのリスクを取るべきか、そしてお客様の声にどのように対応するべきかを知ることができます。

2.マイクロソフトのGo-to-Marketサービスで成長に投資する

Microsoft Partner Networkのメンバーシップをお持ちのパートナー様は、自社のソリューションを市場に投入し、需要を喚起することを目的としたGo-To-Marketリソースをご利用いただけます。マーケティング リソース ハブでは、デジタル マーケティング テクノロジー、既製およびカスタマイズ可能なコンテンツ、セールス イネーブルメント リソースなど、パートナー様向けのリソースをまとめています。これらのツールは、ブランド資産をパーソナライズしたり、販売者に販売資産を提供したり、メンバーシップに付随するさまざまなGo-To-Marketオファーを利用するのに役立ちます。

また、マイクロソフト パートナー ネットワークは、マイクロソフト コマーシャル マーケットプレイスを通じて、皆様をグローバルなネットワークと繋げます。マーケットプレイスにソリューションを公開することは、マイクロソフトで販売するための最初のステップとなります。お客様、パートナー様、マイクロソフトのフィールド セラーからなるグローバル エコシステムへ今すぐアクセスしてください。

3.地域社会への還元

これは日常の営業活動や開発にも当てはまりますが、自社のミッションに沿った慈善活動を通じて恩返しをすることも、コミットメントを強化・深化させる方法のひとつです。マイクロソフトは、事業を展開する地域社会への支援に力を入れており、”すべての人がより多くのことを達成するためのスキル、知識、機会を持てる未来を創造するための活動 “をミッションとする非営利部門を持っています。利他的な取り組みは、コミュニティ、企業、従業員に広く利益をもたらします。私たちは、すべてのパートナー様が、3つの基本的なヒントにしたがって、自社の目的や情熱に沿った活動を行うことを奨励しています。

  • 本物である
  • ミッションに情熱を持っている人を巻き込む
  • 社会的使命を会社の使命の一部とする

非営利団体への投資の一環として、Microsoft Cloud for Nonprofitを立ち上げ、非営利団体の一般的なシナリオに合わせてカスタマイズされたクラウドソリューションを提供しています。また、Microsoft Tech for Social Impactを発表し、クラウドファースト助成プログラムを更新しました。これにより、世界中の非営利団体が、ミッションに基づいた活動を加速させるために必要なワールドクラスのクラウドテクノロジーを利用できるようになります。パートナーの皆様におかれましては、ぜひマイクロソフト パートナー コミュニティにご参加いただき、他のパートナーの皆様と交流したり、還元の方法についてヒントを得たりしてください。

マイクロソフトとのパートナーシップにより、お客様のアイデアをソリューションに変えるためのツールとテクノロジーが提供されます。しかし、それだけではありません。皆様が市場に進出し、競合他社との差別化を図るために、私たちのサポートは続きます。アセット、リソース、ハンズオン支援のいずれをお求めの場合でも、私たちは皆様が市場に与える影響を最大化するための準備をしています。