Nov 04,2021

【2021年10月版】マイクロソフトパートナーのための最新情報をお届けします

この記事はMicrosoft Partner Network – MPN Blogs siteに掲載された記事What’s new for Microsoft partners: October 2021 edition – Microsoft Partner Network の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。

マイクロソフトは、パートナーネットワークへの投資を継続しており、過去数ヶ月の間に数多くのエキサイティングな変更やアップデートを実施してきました。今後のマイルストーンに向けて、ここ数ヶ月の間にパートナー様にとって最も重要なニュースをまとめました。

機会の拡大

ソリューション・プロバイダー・サーチ(別名「パートナー・ファインダー」)をMicrosoft AppSourceに統合し、毎月このマーケットプレイスを訪れる何百万人ものクラウド顧客に対するパートナー様の露出を増やしました。既存のビジネスプロファイルをお持ちのパートナー様は、この可視性の向上を受けるためのアクションは特にありませんが、Partner Centerで組織のビジネスプロファイルを更新し、最適化する絶好の機会となります。この方法についての詳細はこちらをご覧ください。

7月には、Azure Arc対応データサービスの一般提供が開始されました。これにより、パートナーのクラウドによる収益機会がオンプレミスのネットワークにも拡大し、Azure Arcによるハイブリッド導入が加速します。これにより、お客様は最新の状態を維持し、ワークロードを動的に拡張させデータをよりよく保護することができます。

2021年12月31日は、クラウドソリューションプロバイダープログラムの新しいコマースエクスペリエンスへの移行に伴い、オープンライセンスプログラムのオファーを取引する最終日となります。この進化の一環として、Microsoft 365、Dynamics 365、Power Platform、およびWindows 365をクラウドソリューションプロバイダプログラムの新しいコマースプラットフォームに導入し、プロビジョニングや課金のための新しい機能を追加します。政府や非営利団体を含む商業および公共部門のお客様向けのソフトウェアオファーが用意されており、Microsoft Azureも利用できます。パートナーの皆様におかれましては、2021年末までに自社の組織や顧客をクラウドソリューションプロバイダープログラムに完全に移行することが引き続き重要です。

ビジネスアプリケーションパートナーのオファー

Microsoft Inspire 2021では、プリセールスおよびポストセールスのパートナーオファーを含む、ビジネスアプリケーションのソリューション領域に関連する新しい展開を発表しました。これらのチャネル投資に関するプログラムの詳細は、こちらでご確認いただけます。また、パートナー様は、特定のパートナーオファー活動のための資金をこちらで申請することができます。このプログラムには積極的な動きが見られ、投資額の増加とよりシンプルな構造で前進できることを嬉しく思っています。

パートナー体験の再構築

パートナーの皆様から寄せられたご意見をもとに、ナビゲーションやパーソナライゼーションを改善し、デザインを一新したPartner Centerを公開しました。現在、すべてのパートナー様がこの新しいユーザーエクスペリエンスにアクセスできますが、最終的には2021年11月15日に完成する予定です。

また、パートナーの獲得機会を最大化し、お客様とパートナーの皆様に新たな価値を創造するために、2022年度に向けたいくつかの商業的インセンティブの概要を説明しています。これらのインセンティブの詳細や、現在実施中のプロモーションとの関連性については、パートナーブログをご覧ください。

学習機会の刷新

パートナーの皆様に新たにお勧めするトレーニングコースは、「Code of Conduct Standards of Business Conduct(SBC)」トレーニングです。このコースでは、マイクロソフトの価値観と期待を理解していただくために、最新のビデオを用意しています。

また、「DevOps with GitHub on Microsoft Azure」と「Networking Services in Microsoft Azure」のアドバンスド・スペシャライゼーションが発表されました。これらはいずれも、パートナー様が市場で差別化を図るための素晴らしい機会となります。

最新のイネーブルメントリソース

私たちは、パートナー様のオポチュニティ、アトリビューション、リワードを標準化、一元化することで、パートナー様のGo-to-Market体験をシンプルにすることに取り組んでいます。これにより、パートナーの皆様は、購買モーションを超えたインセンティブを獲得できるようになり、また、パートナー様のパフォーマンス、対象となるインセンティブ契約、ソリューション領域を超えた顧客をよりよく理解できるようになります。

パンデミック後の顧客の期待に応えて、企業がカスタマーエクスペリエンスを向上させようとするとき、Dynamics 365 MarketingのリアルタイムB2Cカスタマージャーニーオーケストレーション機能が役立ちます。また、AIや自然言語入力支援を用いてお客様をエンゲージすることで、これらのリソースをすべての企業が一般的に利用することができます。

MicrosoftはVMWareと提携し、既存のVMwareアプリケーションをAzureに効率的かつ低コストで移行できるAzure VMwareソリューションを開発しました。パートナー様は、Azure VMware Solution (AVS) Campaign in a Boxを利用して、この機会を最大限に活用することができます。このキャンペーンは、ソートリーダーシップやLinkedInキャンペーンなど、すぐに使用できる共同マーケティング資産を提供します。

クラウドプラクティス開発プレイブックのライブラリには、データプラットフォームとアナリティクスのプラクティス開発ガイドが追加されています。このガイドは、高度なビジネスアナリティクスやIoT機能を備えたインテリジェントなソリューションを構築するパートナー様を支援することを目的としています。

これらの新しいパーソナライズされたリソースは、パートナー様からのフィードバックに基づき、すべてのビジネスの実践を加速できるように設計されています。今後も四半期ごとにパートナーニュースをお伝えしていきますので、マイクロソフトのすべてのパートナーチャネルでお付き合いいただければ幸いです。