Oct 14,2021

イネーブルメントの優位性:セキュリティ対策の最適化

この記事はMicrosoft Partner Network – MPN Blogs siteに掲載された記事The enablement advantage: optimizing your security practice – Microsoft Partner Network の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。

本ブログは、マイクロソフトのグローバルパートナーイネーブルメント担当シニアディレクターであるKymber Loweによる、イネーブルメントリソースに関するシリーズの第3回目です。本エントリーでは、セキュリティソリューション分野と関連リソースについてご紹介します。シリーズの第1回第2回は、Microsoft Partner Blogで公開されています。

セキュリティは非常にダイナミックなソリューション分野であり、テクノロジーの進化、脅威の出現、ワークフォースの再構築などにより、常に新しいセキュリティの課題が発生します。アイデンティティ、デバイス、アプリケーション、およびデータを安全に保つことは、企業にとって最優先事項であり、パートナー様がお客様にカスタマイズされたセキュリティ・ソリューションや追加のIT能力を提供する機会は数多くあります。おそらく最大のチャンスは、企業がリモートワークやハイブリッドワークに移行する際のセキュリティ確保を支援することでしょう。リモートワーカーを保護するためには、多くの場合、クラウドセキュリティシステムを構築する必要があります。クラウドセキュリティシステムは、柔軟性と拡張性を高めることができますが、脅威の監視と緩和のために追加の人員を必要とする場合があります。

マイクロソフトは、Microsoft Defenderサービス、BitLocker、Intuneによるモバイルデバイスの管理機能など、お客様の安全を守るためのさまざまなツールを用意しています。パートナー様がお客様に最大限の価値を提供できるように、マイクロソフトは、マーケティング戦略や販売サポート、技術トレーニングなど、セキュリティ分野のさまざまな支援リソースを開発しました。また、パートナーの皆様は、パートナー様が同じくパートナー様のために作成したクラウド実践プレイブックを参照することで、豊富な情報や洞察を得ることができます。また、セキュリティソリューションに関連するものとして、「Secure Remote Work」と「Security」のプレイブックがあります。

全面的な保護を提供

適切なセキュリティインフラは、企業がさらなるプロセスを構築するための強固な基盤となります。これは、パートナー様にとって、お客様が “never trust, always verify “の原則に基づいたゼロトラストのセキュリティモデルを採用するのを支援することを意味します。このモデルでは、アクセスを許可する前に、すべてのアクセス要求が認証され、ポリシーの制約の範囲内で承認、異常がないかどうかが検査されます。組織がゼロトラストアプローチを理解した後、パートナー様は、Microsoft Azure、サードパーティのクラウド、およびオンプレミス環境を通じて、マイクロソフトのセキュリティ・サービスの拡大を進めることができます。

マネージドサービスプロバイダは、お客様のITチームがマイクロソフトのサービスを利用できるように、さらなる専門性と能力を提供することができます。セキュリティワークロードをAzureやMicrosoft 365に移行して最適化することで、パートナー様は将来の長期的なサポートの機会を得ることができます。また、統合されたセキュリティシステムを構築することで、パートナー様やお客様は、より効果的にセキュリティリスクを特定、評価、軽減することができます。

COVID-19のパンデミックにより、リモートワークが3倍に増加し、新たな独自のセキュリティ課題が発生したと推定されています。リモートワークやハイブリッドワークに関連する新しいデバイス、アプリケーション、作業場所は、従業員が会社のリソース、コミュニケーション、資産にアクセスできるようにする一方で、セキュリティを確保する必要があります。セキュアリモートワークプレイブックは、パートナー様がこの新たな市場機会を捉え、柔軟なセキュリティソリューションを市場に投入する際に役立ちます。

セキュリティ・スキル・ギャップの解消

サイバーセキュリティの分野では、技術的なスキルを向上させるためのトレーニングが用意されています。技術革新のスピードがスキル開発のスピードを上回る中、多くのITリーダーは、現在および将来の脅威に対処するために必要なスキルにギャップが生じることを懸念しています。そのため、マイクロソフトでは、セキュリティ、コンプライアンス、およびアイデンティティに関するトピックのオンデマンドトレーニングコースを開発しました。

また、セキュリティの基礎知識に関する認定資格や、管理者、アナリスト、生産性ソリューションの専門家などの職種に応じた認定資格も提供しています。認定資格は、自分のスキルを磨くのに最適な方法であるだけでなく、お客様がどのパートナーが自分のニーズを満たすのに最適なのかを判断する際に、市場で通用する差別化要因となります。また、これらの認定資格は、パートナー様がセキュリティソリューション分野のコンピテンシーや高度な専門性を追求する際にも価値があります。

販売の確保

さまざまな規模の企業が、データ資産の管理、安全なリモートワークプランの策定、脅威からの保護などを行うパートナー様を求めているため、セキュリティは販売機会の重要な要素となります。マイクロソフトは、大企業中小企業の両方の営業活動のために、包括的なアセットライブラリ、ミーティングファシリテーションビデオ、ロールプレイ、およびセキュリティとコンプライアンスのベストプラクティスからなる学習パスを設計しました。また、Customer Digital Experiencesというスペースを設け、パートナー様がサンプルデータを含む完全に機能するデモ環境を構築できるようにしています。これは、自己学習や顧客とのプリセールスデモに使用できます。

すべてのマイクロソフトのパートナー様は、各ソリューション分野に沿ったオンデマンドのデジタルマーケティングキャンペーンを含む、当社の幅広いGo-To-Marketリソースのポートフォリオを利用することができます。またセキュリティに特化した具体的なマーケティングキャンペーンの内容で、パートナーの皆様が市場投入までの時間を短縮し、新規顧客を獲得できるよう支援していきます。さらに今般、Partner Go-to-Market Toolboxを立ち上げました。これは、パートナーの皆様が、パーソナライズされた実用的なマーケティングプランによってビジネスを成長させることができ、また、パートナーの皆様のマーケティング施策に基づいて、高品質でソリューションに特化した共同ブランドの資料を10カ国語で簡単に作成できるオンラインプラットフォームです。現在、ゴールドコンピテンシーを持つパートナー、またはCo-sellインセンティブ対象のオファーを持つISVパートナーが利用できます。

多くのお客様がセキュリティシステムやニーズを再検討している今、パートナーの皆様には、お客様が最新の技術動向を把握できるようサポートしていただく絶好の機会です。刻々と変化するサイバー環境に対応できるパートナー様は、競合他社にはない方法でお客様のニーズに応えることができるポジションを得ることができます。

私たちのセキュリティリソースのライブラリーを活用していただければ幸いです。次回の記事では、広範囲にわたるパートナーへの販売機会についてご紹介しますので、ぜひご覧ください。