Oct 08,2021

MCP資格は忘れずに更新しましょう(無料です)

2021年3月に発表させていただいたように、2021年6月以降に取得されたMCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)資格の有効期限が1年間(ファンダメンタルズを除く)となったことにともない、認定資格の更新に新しい方法が導入されました。それは、有効期限まで残り6か月を切って以降、マイクロソフトから最大4回届くメールに埋め込まれたリンクをたどることによってアクセスできる「更新アセスメント」をウェブで受けていただき、そのアセスメントをパスすればお持ちの認定資格の有効期限がさらに1年延長される、というシンプルで費用のかからない革新的な方法です。

しかし私たちの認識では、残念ながらこの絶好の機会を逃してしまい認定資格が失効してしまう方が相当数いらっしゃるようです。これはとてももったいないことです。個人にとっても、所属する組織にとっても、有効な認定資格を保有していることには多くのアドバンテージやメリットがあります。無料で受けられるアセスメントをぜひ活用いただけますよう、お願いいたします。

少し背景のご説明をさせていただくと、更新アセスメントはMicrosoft Learnプラットフォームから提供されます。Microsoft Learnには、膨大な数のラーニングパスに加えて、各認定資格の更新に必要な最新の情報も提供されています。これらの情報を活用し、MCP資格は忘れずに更新するようにしましょう。(認定更新の詳細は認定ダッシュボードからいつでも確認することができます)

更新アセスメントを受けるには、必要な事前作業があります。具体的には、Microsoft Learnプロファイルに認定プロファイルをリンクしていただくことです。手順はこちらの資料を参考にしてください。

好きな時にどんな場所からも受けられる更新アセスメントを活用し、ご自身の持つスキルの証であるMCP資格を常に最新の状態に保ちましょう!

関連リンク:
Microsoft認定資格を更新する
更新アセスメントについて