Jun 16,2021

マイクロソフト、Pride にてインターセクショナリティに注目 LGBTQI+ 非営利団体への寄付と、最大かつ最も包括的なオリジナル製品を発表

マイクロソフトの Pride に向けた取り組みは、世界中の従業員が始めた草の根的現象です。これをマイクロソフトでは、世界規模で LGBTQI+ のアイデンティティに光を当てる機会と捉えており、同イベントを機に当社の製品に Pride (誇り) を持ち、何十億もの人に共感とインクルージョン (包括性) のメッセージを伝え、あらゆる人の平等に対して取り組んでいる LGBTQI+ の非営利団体に寄付しています。

今年マイクロソフトは、当社史上最大かつ最も包括的な Pride をテーマとしたオリジナル製品を用意します。これらの Pride オリジナル製品は、LGBTQI+ コミュニティの従業員と共に構築したもので、人種や民族を超えて広がる LGBTQI+ 運動のインターセクショナリティ (アイデンティティの重なりによって生まれる抑制) が軸となっています。さまざまな性のアイデンティティや性的指向を表す 19 種類の旗を取り入れることで、今でも見過ごされたり軽視されたりしがちなこのグループに光を当てているのです。

またマイクロソフトでは、長年 LGBTQI+ 関連組織のサポートを続けています。昨年だけでも、従業員と共に LGBTQI+ コミュニティの支援団体に 200 万ドル以上寄付しています。今回マイクロソフトでは、Pride キャンペーンの開始を記念し、追加で総額 15 万ドルを世界中の非営利団体に寄付し、LGBTQI+ の平等を勝ち取る戦いを支援したいと思います。

続きはこちら