Apr 14,2021

ネットワーク機械学習によりワークプレイスのイノベーションを測定し、組織科学を推進する

世界的な COVID-19 の流行によりイノベーションは損なわれたのでしょうか? 様々な指標からは克服すべき課題があることがわかりますが、それと同時に、マイクロソフトが組織として獲得した経験を活用する機会もこの一年間生まれています。ネットワーク機械学習によりコラボレーションの状況を測定することにより、課題にリアルタイムで対応するための有効な診断が可能になりました。ワークプレイスにおける人間関係の構築が課題になっています。多くの人々が在宅勤務による、柔軟なスケジュールに基づく新たな働き方に移行することで、多くの点で職場における人と人とのやり取りが影響を受けているという証拠があります。

今年度の Work Trend Index は、世界中のインフォメーションワーカーが新しい働き方に向けて大きくシフトし始めていることを示しています。本レポートによれば、調査対象になった世界のインフォメーションワーカーの 70 パーセント以上が、柔軟なリモートワークという選択肢が継続することを望んでいます。それと同時に、65 パーセント以上がチームと対面でやり取りする時間を増やしたいと述べています。ここでは、コミュニケーションとコラボレーションの新たなテクノロジを活用して、モティベーションやメンタルヘルスに関する個人のニーズに応え、規模の大小を問わず今日のワークプレイスに対応できるアイデアを考案していくことが重要です。

昨年の COVID-19 の影響によって世界が変わり、従業員のネットワークも縮小しました。新たなコラボレーションに適合する中で、仕事のより広いネットワークを再構築する方法を見付けることが重要になっています。チームのイノベーションには、組織全体の斬新な情報に頻繁にアクセスし、定期的に新たなコラボレーションを生み出すことが求められます。ワーカーの創造性を育むためには、多様なアイデアや視点に触れることが必要です。要するに、社会的なつながりと支援ネットワークが生産性向上と仕事への適合力の両面にとって重要ということです。このトピックに対応するビジネスリーダーに向けた重要な情報が Harvard Business Review の記事で紹介されています。

続きはこちら