Mar 23,2021

クラウドソリューションプロバイダープログラムにおけるパートナー様の機会を拡大

この記事はMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Expanding opportunities for partners in the Cloud Solution Provider program – Microsoft Partner Networkの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。

2021年3月15日更新:クラウドソリューションプロバイダープログラムとオープンライセンスプログラムの追加変更を発表しました。詳細はこちらをご覧ください。

2021年1月19日更新:クラウドソリューションプロバイダープログラムにおける永続型ソフトウェアライセンスの一般提供を発表しました。

2020年12月17日更新:本日、クラウドへの優先順位付けを行うにあたり、オープンライセンスプログラムで購入するパブリックセクター(政府、教育、非営利団体)のお客様向けに、今後の変更点をお知らせしました。詳細はこちらをご覧ください。

デジタルトランスフォーメーションとクラウドへの移行は、多くのお客様にとって事業計画や投資の最重要課題となっています。今後5年間で、IT支出は約6%増加すると予想されています。(IDC e-book, Digital Transformation 2.0)IDCでは、2024年までに、マイクロソフトのパートナー企業が、マイクロソフトのテクノロジーから1兆2千億米ドルの収益を上げると予測しています。

マイクロソフトはクラウド企業として、パートナー様やお客様がデジタルトランスフォーメーションによって成功し、成長することを支援しています。私たちも、デジタルトランスフォーメーションのジャーニーを続けています。コマースエクスペリエンスプラットフォームやマイクロソフトパートナーネットワークへの投資、ライセンスやインセンティブプログラムの進化により、パートナー様がお客様のクラウド移行を支援したり、新しいオファー、最新のクラウドテクノロジー市場の成長を利用したりすることが容易になるようにしています。

マイクロソフトのクラウドソリューションプロバイダープログラムは飛躍的に成長し、参加企業は9万社を超えました。このプログラムは、中堅・中小企業向け、および新しいコマース体験の中で、中小企業のお客様に対する当社の主要なパートナー販売活動です。パートナー様は、マイクロソフトのクラウド製品群や、マイクロソフトの商用市場にあるサードパーティのソリューションを、自社の付加価値ソリューションやサービスと一緒に販売することで、差別化されたオファーを作成し、お客様に提供することができます。パートナー様は、顧客エンゲージメントのライフサイクル全体を管理することができ、信頼できるアドバイザーとしてお客様からの信頼を確立することができます。

パートナーの機会拡大

この勢いに乗って、私たちはクラウドソリューションプロバイダープログラムのパートナー様の機会を拡大します。

●2021年1月を目標に、クラウドソリューションプロバイダープログラムに登録したパートナー様は、CSPを通じてオンプレミス展開の商用永久ソフトウェアライセンスを販売できるようになります。これにより、お客様がデジタルトランスフォーメーションの一環として必要とする柔軟なライセンスを提供できるようになります。
●FY21クラウドソリューションプロバイダープログラムのインセンティブは、パートナー様の付加価値サービスと相まって、パートナー様の収益性とマージンの向上を可能にします。


CSPにおける永続型ソフトウェア

新しいコマースエクスペリエンスでクラウドソリューションプロバイダープログラムに永続型ソフトウェアが追加されることで、パートナー様は複数のライセンスプログラムの管理にかかる時間とコストを削減し、販売力、運用力、管理力の向上につながります。パートナー様は、多様なソリューションやマネージドサービスを提供することでビジネスを拡大することができ、ハイブリッドクラウド環境のためにライセンスとマネージドサービスを柔軟に組み合わせることで、お客様のクラウドへの移行をさらに加速させることができます。お客様にとっては、ソフトウェアライセンスの購入方法が簡素化され、柔軟性が増すことで、わかりやすくライセンス資産管理が直接改善され、コストの予測が可能になるというメリットがあります。

2021年1月の開始を目標に、永続型ソフトウェアライセンス(ソフトウェアアシュアランスなし)は、クラウドソリューションプロバイダープログラムのパートナーを通じて法人のお客様に提供されます。お客様は、2021年12月31日まで、オープンライセンスプログラムを通じて、ソフトウェアライセンス、ソフトウェアアシュアランス、オンラインサービスの更新および新規購入を引き続き行うことができます。2022年1月1日以降は、オープンライセンスプログラムによるソフトウェアアシュアランスおよびオンラインサービスの更新やソフトウェアライセンスの新規購入はできず、ライセンスのみの新規購入はクラウドソリューションプロバイダプログラムを通じて行う必要があります。

商用ライセンスのオプションおよび変更の詳細については、マイクロソフトLicensing のニュースポストに掲載されている発表をご覧いただくか、マイクロソフト パートナーの Web サイトに掲載されている情報をご確認ください。

インセンティブ

マイクロソフトは、パートナー様がお客様に変革をもたらすクラウドベースのソリューションを提供し、クラウドソリューションプロバイダプログラムを通じて永続型ライセンスとクラウドソリューションの両方の購入を統合することを支援しています。クラウドソリューションプロバイダープログラムのパートナー様へのインセンティブプログラムは、より深いエンゲージメントを構築し、お客様の成果を成功させるための柔軟性を提供します。2020年12月31日以降、マイクロソフトはオープンライセンス取引に対するマネージドリセラーおよびコマーシャルディストリビュータのインセンティブを提供しなくなります。パートナーインセンティブの詳細はこちらをご覧ください。

収益性の高い、持続可能なビジネスを構築

マイクロソフトパートナー ネットワークは、お客様が持続的な成長と収益性を実現するお手伝いをします。パートナー様のビジネスの成長をサポートし、市場投入までの時間を短縮するためのガイダンス、リソース、プログラムをご用意しています。今すぐご検討ください。

●現在クラウドソリューションプロバイダプログラムに登録されていないリセラーの方は、ご希望のディストリビュータに登録方法をお問い合わせいただくか、こちらからインダイレクトプロバイダと連携してください。
●クラウドソリューションプロバイダープログラムに登録されている場合は、CSPにおける永続型ソフトウェアとインセンティブの詳細について、こちらをご覧ください。


このような変革の中でも変わらないことがあります。それは、パートナー様の存在がより多くのことを可能にするということです。パートナーの皆様には、お客様のご要望にお応えするための重要な役割を担っていただいています。パートナー様向けのプログラムやリソースは、クラウドの導入やデジタルトランスフォーメーションの促進を引き続きサポートしていきます。