新しいMicrosoft インダストリー クラウドで顧客に優位性を提供

この記事はMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事Give customers an edge with new Microsoft industry clouds – Microsoft Partner Networkの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。

この1年でデジタルトランスフォーメーションのペースが加速し、その影響はエコシステム全体のパートナー様やお客様にも伝わってきました。このようなイノベーションの増加は、マイクロソフトとパートナー様にチャンスをもたらし続けていますが、一方で、組織がナビゲートしなければならない課題も増大しています。マイクロソフトのパートナー様であるアドビのパートナーエコシステムソリューション担当副社長であるデイブ・ウェルチ氏によると、「デジタルトランスフォーメーションは、今日、すべての企業で行われている役員レベルの会話です。当社のお客様は、このテンポの速いビジネス環境で一歩先を行くために必要なソリューションとガイダンスを提供するために、これまで以上に当社を頼りにしています。

お客様の進化するニーズに対応するために、当社は、業界に特化したサポートの深さと幅広さを提供するという長年のコミットメントをさらに強化していきます」と述べています。マイクロソフトは本日、業界に特化した3つの新しいクラウドサービスを発表しました。Microsoft Cloud for Financial Services、Microsoft Cloud for Manufacturing、Microsoft Cloud for Nonprofitです。さらに、Microsoft Cloud for Healthcareのアップデートの第一弾と、Microsoft Cloud for Retailのパブリック・プレビュー日を発表しました。

これらのインダストリー・クラウドの取り組みでは、業界を超えたパートナーとの関わり方に非常に意図的に取り組んできました。マイクロソフトのサービス パートナー、システム インテグレータ、ISV、およびアドバイザリはすべて、業界のお客様がマイクロソフトのクラウドを利用できるようにする上で重要な役割を果たしています。マイクロソフトのパートナーソリューションは、Microsoft Azure上に構築されたデータおよびAIワークフロー、Microsoft 365を使用したヒューマンワークフロー、Microsoft Dynamics 365およびMicrosoft Power Platformを使用したビジネスプロセスワークフローなど、顧客のための一連の接続されたエクスペリエンスを強化し、活性化するための重要なビルディングブロックを提供しています。Microsoftクラウド全体で豊富なパートナーエコシステムを持つことは、各業界のバリューチェーン全体で顧客のニーズをサポートするために不可欠です。

さらに、各業界のクラウドは、顧客の関心に基づいて一度に1つずつ有効化することができる、相互に接続された構成可能な機能を提供します。これらの機能は、各顧客の環境に合わせて完全にカスタマイズおよび構成可能であるため、パートナーは、各顧客のニーズに合わせてソリューションをカスタマイズする上で重要な役割を果たします。このようにパートナー主導のカスタマイズ性と深みのあるソリューションを提供することは、当社にとって重要な差別化要因であり、パートナーネットワークをお客様のインダストリークラウド体験の重要な要素と位置づけています。ここでは、これらの業界に特化したサービスがクラウドの将来と、これらの業界でサービスを提供している顧客全体にとってどのような意味を持つのかを見てみましょう。

拡張されたマイクロソフトのインダストリー・クラウド・オファリング

クラウドの未来は、産業用にカスタマイズされた専用のものです。業界特有のニーズを満たすクラウドを設計することで、業界全体のビジネスの回復力とパフォーマンスを向上させることができます。特化したクラウドに傾倒することは新しいアプローチですが、お客様とその顧客が業界を熟知できるように支援するという当社の取り組みは、決して新しいものではありません。

“マイクロソフトは製造業の分野に強く力を入れており、PTCは数年前からマイクロソフトのメーカー・パートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。”と、マイクロソフトのパートナーであるPTCの最高戦略責任者であるキャスリーン・ミットフォード氏は述べています。”私がマイクロソフトとPTCのパートナーシップについて最も評価していることの一つは、お客様の成功に向けた共同のフォーカスとコミットメントです。”

本日、マイクロソフトのCVPであるアリッサ・テイラーは、業界に特化した3つの新しいクラウドオファリングを発表しました。

Microsoft Cloud for Financial Services: コアバンキングサービスの近代化、深層分析の開発、顧客への新たなアプローチを可能にするための迅速なパスウェイを提供し、厳格なコンプライアンス要件を満たしながら、すべてを実現します。パブリックプレビューは2021年3月31日から開始される予定です。
Microsoft Cloud for Manufacturing:製造業者は、リモートワークと現場作業員の安全性を確保し、より俊敏な工場を構築。より回復力のあるサプライチェーンを構築し、常時サービスを可能にします。Microsoft Cloud for Manufacturingは、2021年6月末までにパブリックプレビューが可能となります。
Microsoft Cloud for Nonprofit:コネクテッド・インテリジェント・プラットフォームを作成し、スタッフやボランティアがミッションに集中できるようにします。2021年6月末までにパブリックプレビューで提供を開始するMicrosoft Cloud for Nonprofitは、当社の非営利共通データモデルを使用して、信頼できるクラウド機能を構成員のエンゲージメント、プログラムの設計と配信、ボランティア管理、資金調達などの非営利の一般的なシナリオに接続します。


これらの追加サービスは、マイクロソフトがすでに発表している業界中心のクラウドサービスを補完するものです。

Microsoft Cloud for Healthcare2020年10月に発表されたMicrosoft Cloud for Healthcareは、信頼性の高い統合機能を提供し、価値の高いワークフローの自動化と効率化を実現するとともに、構造化データと非構造化データの両方に対応した深いデータ分析機能を提供することで、医療機関が洞察を行動に移すことを可能にします。本日発表された最初のアップデートは2021年4月に提供される予定で、バーチャルヘルス、リモート患者モニタリング、ケアコーディネーション、患者セルフサービスの新機能、8つの新しい言語のサポートが含まれています。
Microsoft Cloud for Retail:1月のNRF 2021で発表されたMicrosoft Cloud for Retailは、データインサイトを使用して、従業員が業務、販売、顧客サービスの改善に役立つように、エンドツーエンドのショッパージャーニーを充実させ、接続します。現在はプライベートプレビュー中ですが、2021年3月にはパブリックプレビューとして公開される予定です。
これらの製品は、それぞれ特定の業界特有のニーズを満たすことを目的としていますが、当社の幅広いソリューションの中から、お客様のために新しい機能、カスタマイズ、標準を提供するために連携するように設計されています。これにより、パートナーがカスタマイズされた製品を提供して、お客様がこれらの新しいオプションを活用できるようにする機会がさらに広がります。

マイクロソフトのパートナー ネットワークで一歩踏み出す

お客様がクラウドの未来を受け入れるために協力していく中で、エコシステムがもたらす独自の価値と、それが競合他社とどのように差別化されているかを念頭に置くことが重要です。マイクロソフトのCEOであるサティア・ナデラ氏が本日発表したように、産業界との取り組みの指針となる4つの重要な原則があります。

1.当社の製品は、比類のないグローバルなパートナーのエコシステムによって、規模を拡大し、カスタマイズすることができます。当社のパートナーは、あらゆる業界の大手 ISV や SI を含めて数十万社にのぼります。このような経験の広さと深さにより、お客様は独自のビジネス課題に対処するために必要なソリューションと経験にアクセスすることができます。

2.私たちは、各業界が独自のものであることを認識しています。私たちは、各業界のニーズに合わせたソリューションを提供することを目指しています持続的な成長と革新を目指していますが、各組織はそれぞれ異なるニーズと課題を経験しています。

3.私たちは、お客様が信頼できるアドバイザー、共同発明者、つまりパートナーとして成功できるように支援します。お客様は、一方では技術を販売し、他方では競合するプロバイダーに依存したくはありません。

4.私たちは、お客様のデータがお客様のものであることを確認します。私たちは、お客様のデータを自分たちの利益のために使用することはありません。

これらの原則を守ることで、市場での差別化を図ることができます。マイクロソフトのパートナーであるAVEVAのCEOであるクレイグ・ヘイマン氏が言うように、マイクロソフトはここ数年で本当に差別化を図ってきました。マイクロソフト自身のイノベーションだけではなく、AVEVA や AVEVA の顧客のようなパートナーと組み合わされたときのイノベーションの力は、私たちの生活の主食である食品、医薬品、電力、飲むコーヒー、摂取するワクチンなどを製造している企業のものです。これらのお客様は、信頼、パートナーシップ、イノベーションに価値を置いています。

これらの4つの原則に加えて、当社のセキュリティアプローチは、市場での差別化にも役立っています。セキュリティ、コンプライアンス、アイデンティティは、エッジからクラウドに至るまで、業界で認められている標準を組み込んだだけのものではなく、当社のクラウド製品に組み込まれています。マイクロソフトは最近、セキュリティの売上高が100億ドルを突破しましたが、これはデータを安全に保つための合理化されたアプローチに対する需要の大きさを示しています。さらに、人々がより多くのことを達成できるようにするための当社のアプローチは、組織全体を、それぞれの業界の言語で、適切なデータに接続することができます。これにより、組織はより迅速かつインテリジェントな対応が可能となり、結果としてエンドユーザーの体験を向上させることができます。

このようなインダストリー・クラウドへの移行は、当社がお客様のデジタル変革のジャーニーを支援する大きなチャンスです。技術力が高まるにつれ、企業にとっては、見つけられるあらゆる利点を最大限に活用することが非常に重要になります。私は、お客様がこの可能性を実現できるように協力して支援することで、2021年以降の組織の持続的な成長を実現できると確信しています。

詳細はこちらへ。

各業界のクラウドには、開発プロセスを進めていく中で、パートナーの皆様がより多くのことを学び、私たちと関わる機会が用意されています。

Microsoft Cloud for Healthcare 業界別ソリューション | 医療 (microsoft.com)
Microsoft Cloud for Retail 業界別ソリューション | 小売・消費財 (microsoft.com)
Microsoft Cloud for Financial Services 業種別ソリューション |金融サービス (microsoft.com)
Microsoft Cloud for Nonprofit 社会的意義のある事業のパートナー (microsoft.com)
Microsoft Cloud for Manufacturing 業界別ソリューション | 製造業およびエネルギー業界 (microsoft.com)