パンデミック宣言から 6 カ月後、多くの人々にとって在宅勤務は当たり前のものになりました。しかし、それには代償があります。カマル ジャナダン (Kamal Janardhan) にとっては同僚との習慣だった午後のティータイムがなくなったことでした。シャムシ イクバル (Shamsi Iqbal) にとっては、ビデオ会議の連続と子育てによって集中できる時間がなくなることでした。チャールズ モリス (Charles Morris) にとっては、仕事と家庭の境界線が曖昧になることでした。

この 3 人のマイクロソフト従業員 (主任エンジニア、研究者、人事マネージャー) にとって、在宅勤務ができることは幸運でした。また、専門家である彼らは在宅勤務が一般的にもたらすストレスにも対応し、精神集中 (マインドフルネス) を教え、生産性について研究し、多くの人にとってパンデミック以前にあった交通渋滞に悩まされる通勤にも実は利点があったという意外な事実を発見しました。

開催される Microsoft Ignite において、マイクロソフトは、世界中の人々の健康と生産性の支援を目的とした、Microsoft Teams と Outlook の新機能を発表します。これらの機能には、仕事と家庭との切り替えを容易にするバーチャル通勤機能、マインドフルネス瞑想のグローバルリーダー Headspace のサービスとの統合などがあります。

また、同僚とのつながりを深めたり、集中して仕事をしたり、休憩時間を確保したり、個人・マネージャー・リーダーがパーソナライズされた洞察やパターンを得るためのツールも提供されます。

続きはこちら