日本マイクロソフト株式会社は、トヨタ自動車株式会社 (以下 トヨタ) が、Mixed Reality (複合現実、以下 MR) デバイスである HoloLens 2 を、2020 年 10 月より全国の GR Garage 56 店舗に順次導入し、自動車の整備作業の効率化やトレーニングで活用を開始されたことを発表します。

トヨタでは、2019 年 5 月に自動車の修理・点検業務における MR および HoloLens 2 の活用に向けた検証実施を発表していましたが、本取り組みが発展し、今回の全国の GR Garage での導入に至りました。

現場のサービスエンジニア (整備士) が自動車の修理、整備作業を行う際に参照するサービス技術情報 (修理書、配線図等) は、イラストや文字などの 2D データが主に使われているため、実車での正確な位置や、勘やコツなどの情報を伝えるのが難しいことに加えて、CASE などの複雑化多様化する情報への対応において課題がありました。そこで、トヨタは、最新の Mixed Reality テクノロジと 3D データの活用により、効率的で正確な作業を支援できないか、検証を進めてきました。

今回 GR Garage では、以下の 4 つの機能が活用されます。

続きはこちら