Dun Truax

General Manager, Partner Digital Experiences and Programs, One Commercial Partner

(この記事は2020 年9月30日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事   https://blogs.partner.microsoft.com/mpn/expanding-opportunities-for-partners-in-the-cloud-solution-provider-program/の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

デジタルトランスフォーメーションとクラウドへの移行は、多くのお客様にとって事業計画と投資の最前線であり続けています。今後5年間で、IT支出は6%近く増加すると予想されています。(IDC電子書籍「デジタルトランスフォーメーション2.0」より)。IDCの予測によると、2024年までにマイクロソフトのパートナー様企業がマイクロソフトのテクノロジーから1.2兆ドルの収益を生み出すとしています。

マイクロソフトはクラウド企業として、デジタルトランスフォーメーションを通じてパートナー様とお客様の成功と成長を支援することに尽力しています。マイクロソフトもまた、独自のデジタルトランスフォーメーションの旅を続けています。コマースエクスペリエンス プラットフォームとマイクロソフト パートナー ネットワークへの投資、およびライセンスとインセンティブ プログラムを進化させることで、パートナー様のお客様のクラウドへの移行を支援し、新しいオファーを活用し、現代のクラウド テクノロジー市場の成長を最大限に活用できるようにしています。

マイクロソフト クラウド ソリューション プロバイダー プログラムは、参加企業が9万社を超えるなど、飛躍的に成長しています。これは、中堅・中小企業や小規模のお客様を対象とした、マイクロソフトの主要なパートナー様の営業活動であり、新しいコマース体験を提供します。パートナー様は、自社の付加価値の高いソリューションやサービスに加えて、マイクロソフトのクラウド ポートフォリオやマイクロソフトのコマーシャルマーケットプレイスのサードパーティ ソリューションを販売し、差別化されたオファーを作成してお客様に提供することができます。パートナー様は、お客様とのエンゲージメント ライフサイクル全体を管理し、信頼できるアドバイザーとしてお客様からの信頼を確立することができます。

パートナー様の機会拡大

この勢いを背景に、マイクロソフトはクラウド ソリューション プロバイダー プログラムのパートナー様の機会を拡大しています。

  • 2021年1月を目標に、クラウド ソリューション プロバイダー プログラムに登録したパートナー様は、CSPを通じてオンプレミスでの展開のためのコマーシャル永続ソフトウェアライセンスを販売できるようになります。これにより、お客様はデジタルトランスフォーメーションの一環として必要なライセンスの柔軟性を得ることができます。
  • 2021年度(マイクロソフト会計年度)のクラウド ソリューション プロバイダー プログラムのインセンティブは、パートナー様の付加価値サービスと相まって、パートナー様の収益性と利益率の向上を可能にします。

CSPにおける永続的なソフトウェア

新しいコマースエクスペリエンスの展開に関連して、クラウド ソリューション プロバイダー プログラムに永続ソフトウェアが追加されたことで、複数のライセンスプログラムの管理に伴うパートナー様の時間とコストが削減され、販売、運用、管理能力の向上につながります。パートナー様は、ハイブリッド クラウド環境向けのライセンスとマネージド・サービスを柔軟に組み合わせて多様なソリューションとマネージド サービスを提供することで、ビジネスを拡大することができ、お客様のクラウドへの移行をさらに加速させることができます。お客様は、わかりやすい方法でソフトウェアライセンスの購入方法を簡素化し、柔軟性を高めることで、ライセンス資産管理を直接的に改善し、予測可能なコストでの購入が可能になるというメリットがあります。

2021年1月の開始を目標に、永続ソフトウェアライセンス(ソフトウェア アシュアランスを除く)は、クラウド ソリューション プロバイダー プログラムのパートナー様を介してコマーシャルのお客様に提供されます。お客様は、2021年12月31日までオープンライセンスプログラムを通じて、新しいソフトウェアライセンス、ソフトウェア アシュアランス、オンラインサービスの更新や購入をパートナー様と一緒に行うことができます。2022年1月1日に、ソフトウェア アシュアランスとオンラインサービスの更新やソフトウェアライセンスの新規購入はオープンライセンスプログラムでは終了となり、ライセンスのみの新規購入はクラウド ソリューション プロバイダー プログラムにおいて行っていただく必要があります。

コマーシャルライセンスのオプションと変更点の詳細については、Microsoft Licensing のニュースに掲載されているアナウンスをお読みになり、Microsoft パートナーのウェブサイトで関連する情報を確認してください。

インセンティブ

マイクロソフトは、クラウド ソリューション プロバイダー プログラムを通じて、パートナー様がお客様に変革的なクラウドベースのソリューションを提供し、永続ライセンスとクラウドソリューションの両方の購入を統合することができるように支援しています。クラウド ソリューション プロバイダー プログラムのパートナー様向けのインセンティブ プログラムは、より深いエンゲージメントを構築し、顧客の成果を成功に導くための柔軟性を提供します。2020年12月31日以降、マイクロソフトはオープン ライセンス取引に対するマネージド リセラーおよびコマーシャル ディストリビューターのインセンティブの提供を終了します。パートナー様向けのインセンティブの詳細については、こちらをご覧ください。

収益性の高い持続可能なプラクティスを構築する

マイクロソフト パートナー ネットワークは、持続的な成長と収益性を実現するためのお手伝いをいたします。お客様のビジネスの成長をサポートし、市場投入までの時間を短縮するためのガイダンス、リソース、プログラムをご用意しています。今すぐご活用ください。

  • 現在、クラウド ソリューション プロバイダー プログラムに登録されていないリセラーの方は、ディストリビューター様へお問い合わせいただくか、インダイレクトプロバイダーへ連絡をしてください。
  • クラウド ソリューション プロバイダー プログラムに登録されている場合は、CSPの永続ソフトウェアとインセンティブについての詳細はこちらをご覧ください。

このような変革を通して、1つの真実は変わりません。パートナー様は、それぞれのお客様の旅において重要な役割を果たしています。マイクロソフトのパートナー様向けプログラムとリソースは、クラウドの採用とデジタルトランスフォーメーションの拡大に向けて、引き続きサポートしていきます。