「世界中をカッコよく、 世界中に笑顔を。」を企業理念に、日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を展開する ZOZOグループ。2020 年 3 月期の商品取扱高は 3450.8 億円、売上高は 1255.1 億円にも及びます。

目を見張る速度で業界内のプレゼンスを勝ち取った ZOZOグループ。その成長は、1158 名 (2020 年 3 月時点) を数える従業員の活躍によって支えられています。高い技術力をもったイノベーティブなサービスで知られていますが、同グループはその技術力を、社内の業務環境づくりにも発揮。1 人ひとりが場所を選ばず自分の力を発揮できる、企業として流出してはならない情報も堅牢に守られている。そんな「利便性とセキュリティを両立した業務環境」を整備しているのです。ここでカギとなるのが、Microsoft 365 E5 をはじめとする、クラウド サービスの積極的な活用です。ZOZOグループにおいてシステム開発やサービス開発、デザイン、社内 IT 管理などテクノロジーに関わる業務全般を担当する ZOZOテクノロジーズに話を伺いました。

クラウド シフトを進めるなかで ZOZOグループが採用したセキュリティ ソリューションとは

ZOZOグループでは現在、業務システムを対象にしたクラウド シフトを加速させています。ねらいは、場所や時間にとらわれない業務環境の実現、これによるビジネス スピードのさらなる加速です。ただ、そのなかでセキュリティ対策の高度化が課題になってきたといいます。ZOZOテクノロジーズ コーポレートエンジニアリング本部の荻原 直也 氏はこう話します。

続きはこちら