生産的なリモートワークの活用が進められる中で、サイバーセキュリティの重要性がさらに高まり、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミック発生から わずか 2 か月間で 2 年分に相当するデジタル トランスフォーメーション (英語) が起こっています。このユビキタス コンピューティングの時代で、セキュリティ ソリューションは脅威を検知するだけではなく、生産性の向上やコラボレーションの円滑化のためのコントロール プレーンとしても機能し、エンド ユーザがより多くの企業リソースに簡単にアクセスできる環境を実現 (英語) しています。そこで、マイクロソフトは最近、インド (IN)、ドイツ (DE)、英国 (UK)、米国 (US) の従業員 500 人以上の企業に勤務する約 800 人のビジネス リーダーを対象に、パンデミックの脅威に対する見解、予算や人員配置への影響、パンデミックが引き起こす長期的なサイバーセキュリティの変化について調査を実施しました。

この結果、多数の企業がいまだにフィッシング詐欺の被害を受けていること、COVID-19 への対応でセキュリティ予算とセキュリティ担当者の雇用が増加していること、ゼロ トラストのようなクラウドベースの技術とアーキテクチャが今後の重要な投資分野となることなどがわかりました。

生産性の向上と脅威の軽減

セキュリティ チームや IT チームは、ビジネス目標を達成しつつ、新たな脅威や詐欺などに対して先手を打って対応するために、身を粉にして取り組んでいます。セキュリティ責任者が挙げた最優先課題は、「リソース、アプリ、データへの安全なリモート アクセスを提供すること」です。多くの企業がこれまで採用していた信頼モデルは主に、企業の管理デバイス、建物への物理アクセス、一部の基幹業務アプリへの限定的なリモート アクセスを通じてセキュリティを保護するものでしたが、パンデミックの初期段階でそれには限界があることが露呈しました。このパラダイム シフトで最も深刻とされたのが、ユーザ名とパスワードによる基本的な認証方法の限界です。その結果、パンデミック中に最も投資したセキュリティ分野について質問したところ、「多要素認証 (MFA)」がトップとなりました。

続きはこちら