一般的に専門的な知識の習得には時間がかかるものです。熟練技能が必要な業種ほど、代わりの人材をすぐに見つけることは困難でしょう。また自然災害が発生した場合などには、たとえ人材を確保していてもその人材そのものが活用できない状況が発生しかねません。あらゆる業種で人材不足が叫ばれる中、今、注目されているのは、デジタライゼーションによって人の持つ知識・スキル・経験を代替していく試みです。

 中外製薬株式会社は、製薬業界の中では早期にチャットボットを導入した企業の一つです。医療の現場において、最新かつ正確な医薬品情報は患者さんの生死に影響を与えることも あります。「QnA Maker」によって製作された同社の「MI chat(エムアイチャット)」は、医療関係者の質問に対して、24 時間 365 日、どのようなときでも情報を提供することを可能にしたのです。

平準化が難しく、法規制も厳しい医薬品情報の提供

中外製薬は「医療用医薬品」に特化した日本の大手製薬企業です。がんや関節リウマチ、血友病といった領域を中心に、革新的な新薬の開発・提供を目指しており、がん領域製品においては国内トップシェアを誇ります。

医療用医薬品とは、医師の診断を必要とする処方薬のことです。患者さん一人ひとりの症状に合わせて、医師が処方を出し、さらに薬剤師が確認したうえで用いられます。ここまで注意を払うのは、適切に使わなければ期待した効果が得られなかったり、逆に予期せぬ副作用が生じたりする可能性があるからです。

革新的な医薬品が続々と開発され、治療法が高度化・複雑化していく現代において、「正しい情報」の提供は極めて重要なのです。

続きはこちら