一隻のボートに 2 人の漕ぎ手。3000 マイル (約 4800km) の航海を 43 日で終える。

これは、アナ マクリーン (Anna McLean) さんと キャメロン マクリーン (Cameron McLean) さんが「世界で最も過酷なボートレース」として知られる大会に参加するにあたって、自らに課した課題です。アンティグアのゴール地点に到着した際、2 人はギネス世界記録を 2 つ樹立しました。ひとつは大海を漕いで渡った初の兄妹であること、そしてもうひとつは、大西洋をボートで横断した男女混合ペアの中で最速だったことです。

今年はじめに挑戦した 2 人の旅は、文字通りアップダウンの連続でした。真っ暗闇の中で約 12 メートルの波がやって来ることもあれば、サメに襲われそうになったり、病気、疲労、水ぶくれに悩まされたり、家族としての絆を引き裂くようなケンカをしたりといったこともありました。

2 人の関係 (とボート) をつないでいたのはテクノロジでした。大西洋の真ん中にいる 2 人は、まさに地球を周回する国際宇宙ステーションの宇宙飛行士のような状況です。コラボレーションツールの Microsoft Teams により、2 人はイギリスの家族や地上にいるチームと話すことができ、貴重なサポートや情報、そして励ましを得ることができたのです。

Teams は、ロックダウンで孤立した生活を余儀なくされたアナさんにとっても役立つツールとなっています。

海上では、アナさんはポータブルブロードバンドデバイスを使って携帯電話を衛星に接続し、Teams を利用していました。これにより、アナさんは大西洋上でもチャットや通話ができたほか、ビデオ配信までこなしていました。

続きはこちら