農業機械をはじめ、食料/水/環境といった幅広い分野で事業をグローバル展開するクボタ。目下、同社が推進しているのがIT基盤のパブリッククラウドへの全面移行です。業務効率化のみならず、事業高度化をも見据えた大変革が喫緊の課題であり、それに不可欠な基盤として選択したのが、Microsoft Azureでした。

グローバルでのDX推進に向け専任の組織を設置

1890年に創業したクボタは、農業や建設分野の産業機械をはじめ、水道用鉄管、産業用ディーゼルエンジンなどの開発製造を軸に、世界120カ国以上でビジネスを展開するグローバル企業です。「食料・水・環境にまつわる様々な課題を解決することで地球と人の未来を支え続ける」ことを使命に掲げ、独自の技術力や製品・サービスを結集して世界市場に提供し続けています。

AIやIoTなど進化と普及に弾みが付くデジタルテクノロジーが産業界に新たな可能性をもたらしているのは周知の通りで、クボタもまた様々な取り組みを推し進めています。例えば、ITと農業の融合。農業の“見える化”で有効策を打ちやすくするKSAS(クボタスマートアグリシステム)の提供や、無人での作業を可能にする自動運転農機、農薬散布や農場監視を見据えた農業用ドローンの開発、気象情報をはじめ多くのデータを営農情報に連携させるといった試みが世間の注目を集めています。

巷間言われるデジタルトランスフォーメーション(DX)は、こうしたエッジの効いた分野にとかく焦点を当てがちですが、既存の業務への適用も含め、IT活用の巧拙は業務の生産性や品質といったものに大きく影響します。つまりは、激しさを増すグローバルでの市場競争に対峙する“企業の体幹”を鍛えるためにも、導入すべきテクノロジーを見極め、全体の足並みを揃え、潜在価値を最大限に享受していくためのイニシアチブが必要となってくるのです。

そのためにクボタが新たに組織したのがグローバルICT本部でした。古谷嘉三氏(グローバルICT本部 ICT企画部 企画グループ長 兼 新技術開発グループ長)は、「当部署に課されたミッションは4つあります。社内インフラを整備していくこと、自前主義から脱却し外部リソースの活用でサービスレベル/品質/スピード感を向上させていくこと、グローバルでの基幹システムの刷新をはじめとした大規模プロジェクトを推進すること、そして、これらの施策の展開による投資対効果を向上することです」と説明します。

続きはこちら