クラウドベースのオークションシステムを活用し、購入者と出品者のソーシャルディスタンスを保ちながらも 150 年の歴史を誇る産業を守り、約 200 万人の生活を保護することが可能に

やかんを火にかけ、ポットをお湯で満たし、カップで祝杯を上げましょう。スリランカの名高い紅茶産業では、19 世紀の取引方法を 21 世紀のデジタルイノベーションに移行させ、大打撃となる新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) による休業の恐れから逃れることができました。

業界のリーダーらが迅速に導入したのは、バーチャル電子オークションシステムです。これにより、世界中で人気のある紅茶の購入者と出品者が、安全に離れた場所でソーシャルディスタンスを保てるようになるのです。

購入者も出品者も、いつも混雑しているオークション会場に入れない状態となっていましたが、クラウドの迅速性と安全性により、ビジネスを継続させ業界の機能を維持できるようになりました。その結果、紅茶の栽培や生産、輸出に携わって生計を立てている約 200 万人の人たちを守ることができているのです。

イギリスの植民地時代にセイロンとして知られていた熱帯のスリランカでは、約 150 年前の東インド会社の時代から高品質の紅茶を栽培しており、現在も世界最大級の紅茶生産国となっています。

続きはこちら