(この記事は2020 年7月22日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事   https://blogs.microsoft.com/blog/2020/07/21/microsoft-inspire-2020-empowering-partners-to-make-more-possible/  の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

当社のパートナーエコシステムは、お客様に革新的なソリューションを提供するために必要不可欠です。 毎年、パートナー様のイノベーション、献身、サービスを頼りにする世界中のお客様や各種業界から数え切れないほどの成功事例が寄せられています。 しかし、去年、特に過去数ヶ月の間に、劇的に変化する世界の中で私たちのパートナーコミュニティが提供しているもの、つまりパートナー様との無限の可能性をパートナー様が持つ適応能力、繋げる力、革新力、そして今よりさらに多くのことを達成できる可能性を目の当たりにしました。

マイクロソフトパートナーネットワークは、企業や顧客に対し進化するデジタル経済の中で成功するために必要なテクノロジーとツールの提供を促進します。

今年で17年目を迎えるMicrosoft Inspireは初めての完全なデジタルイベントとして開催され、私たちが置かれている現在の状況とパートナー様方が持つレジリエンスを象徴するような変化でした。 広範囲にわたる混乱の中でさえ、我々のエコシステムが劇的に変化する環境の中で顧客が適応することをどのようにしてサポートし続けているかを表しています。

我々の持つ製品の力とパートナー様のイノベーションが組み合わさった時、その影響はさらに大きな意味を持つようになります。

アフリカから南極大陸、南北アメリカ、アジア、それ以外のあらゆる場所で、当社のパートナーエコシステムは世界中でデジタル変革を推進しています。

Microsoft Inspireは、そのパートナー様がつながる機会であり、過去1年間を共に振り返り、短・長期の視点からどのように全体として成長できるかを見据える機会です。 イベントが近づいてきたここ1週間の間にCitrixや、Land O’LakesFinastraと共にいくつかのエキサイティングな発表を行いました。 

以下では、今日までに追加で共有されている発表の一部を紹介します:

変化するビジネス環境の中で、パートナー様が顧客にサービスを提供し、ビジネスを管理するための革新的な方法を構築し続けています。

  • 当初2019年のMicrosoft Inspireで発表されたAzure Lighthouseは顧客からのフィードバックを基に拡張機能としてMulti-Factor AuthenticationとPrivileged Identity Management supportをもたらしました。
  • パートナー向けのMicrosoft Cloud Practice Playbookシリーズは引き続き拡大し、パートナー様の効果的なクラウドプラクティス構築支援を目的とした2つの新しいプレイブックが提供されます: App Innovation Practice Development Playbookの概要は、クラウドベースのアプリケーションに対する顧客需要と、その機会をどう有利に活かすかについてのパートナー様からのガイダンスです。一方で、Inspire後に利用できるようになるMicrosoft Azure Center of Excellence Playbookはパートナー様向けにAzureに焦点を当てた実務の拡大方法に関してのガイドラインとなります。
  • Lenovo Managed Services向けの2つの新しいバンドルサービスは、中小企業がMicrosoftソフトウェアの生産性、セキュリティ、コラボレーションをサポートできるように設計されています 。

Power PlatformDynamics 365は、重要なデジタルインフラストラクチャの需要を提供することで、職場への回帰をサポートしています。

  • 新しいPower Platformソリューションは、職場環境、従業員の健康と安全の管理、職場のケアマネージメント、職場マネジメントツールを顧客に提供し、継続的に状態を監視し必要な対応を取ることで、従業員の皆様に安全に職場に戻ってきていただくお手伝いをします。当社のパートナー様は、この用なソリューションをお客様に提供する上で重要となります。 これは、3月と4月のCOVID-19に対する初期対応の際に明らかになりました。危機コミュニケーションテンプレートなどのソリューションを使用すると、パートナー様がすぐに対応できるため、特定のニーズに合わせてカスタマイズされたソリューションをすばやく立ち上げることができます。
  • Customer Voice、Connected Store、Fraud Protectionなどを含む Dynamics 365アプリケーション全体のイノベーションは、お客様が現在の危機を乗り切ると同時に、将来のアジリティと回復力支援に重点を置いています。 これらの新機能は販売者と業者がデジタル運用への移行を加速し、顧客のニーズを理解して対応し、究極的にはこれからの将来を再考するためのデジタル基盤の構築をしながら、世界がこの危機への対応を続ける中で成功するように支援します。

Azureは、企業がクラウドへの移行とクラウド内での移行を加速するために引き続き役立ちます。

  • Microsoftのハイブリッドポートフォリオの最新版であり、現在パブリックプレビューとなっているAzure Stack HCIは、お客様のデータセンターにハイブリッド機能を提供すると同時に、既存のスキルと投資を活用できるようにします。 顧客がワークロードをクラウドに移行してコストを節約し、効率を高め、革新するようになるにつれ、私たちはお客様にハイブリッドニーズに応じてより多くの選択肢と最適なソリューションを提供することに取り組んでいます。Azure Stack HCIソリューションをすでに提供している主要なパートナー様には、Dell EMC、HPE、Lenovoなどがございます。
  • Azure Migrateの機能強化により、豊富なデータセンター評価を実施し、サーバーの移行を可能にし、アプリケーションをコンテナー化するための最新化を追加することで、顧客は記録的な速さで急速に変化する状況に対応できます。 また、Azure VMwareソリューション評価のサポートも導入しています。

Microsoft 365Microsoft Teamsは、安全で協調的な職場のための新しいソリューションを提供します。

  •  Teamsは、Microsoftのパートナー様と開発者が、会議をよりインタラクティブで魅力的で効果的なものにすることができるサードパーティのアプリとサービスでTeamsの会議エクスペリエンスを拡張するための新しい方法を提供しています。
  •  チームの新機能により、Firstline Workersは、組織の俊敏性を実現しながら、情報、アプリ、および同僚とつながり、関わることができます。新しいコミュニティ機能により、Yammerのお知らせ、更新、ディスカッション、イベント等にチームから直接アクセスできます。 Walkie Talkieがパブリックプレビューになり、安全なプッシュツートーク通信が可能になりました。 新機能は、Firstline Managerのシフトスケジューリングとタスク発行を合理化します。
  • Microsoft Endpoint Data Loss Prevention in Microsoft 365 の新しいパブリックプレビューはエンドポイントにおいて顧客が情報を認識し保護することに役立ちます。Windows 10、Office Apps、Microsoft Edgeに組み込まれているのでエージェントは必要なく、すぐに展開できます。また、Microsoft Teams、 Exchange、SharePointには既存データ消失防止が含まれているので、Microsoft365のコンプライアンス要求に沿うようになっています。
  • Power Platform experience within Teamsの新たな拡張機能はTeamsをチームワークやビジネスプロセスのさらに強力なハブにしました。追加料金なしでTeamsに追加されたMicrosoft Dataflexという新たな関連データベースは顧客がTeamsを離れることなくPower Apps and Power Virtual Agentを使ってアプリやチャットボッツを創造、展開、管理することを可能にしました。この新たな機能はビジネスユーザーにとって、変化するビジネス需要への対応や彼らが毎日使っているコラボレーションアプリを使って顧客向けソリューションを作る後押しとなるでしょう。
  • Universal Printはもっとシンプルで簡単で、安全な印刷環境を求めている顧客向けの新しいMicrosoft365サービスソリューションです。顧客はプリンター設置の際に複雑なハイブリッド印刷設定できるものを探しており、このサービスは再販業者やハードウェアパートナーの皆さん向けに多くの機会が用意されています。

私たちは顧客やパートナー様達と共に2030年までにカーボンネガティブを実現する目標に向けて着実に歩みを進めます。

  • カーボンゼロ経済に向けたビジネスアクションをさらに加速させるため、Microsoftは他の8つの先進的な企業と共に新たな同盟Transform to Net Zeroの創設を進めています。
  • Microsoft Sustainability Calculator の新たなプライベートプレビューは私たちのクラウド顧客に向けて偽りない総二酸化炭素排出量を提供します。―スコープ1、2、3-クラウド使用量に対する結果として。最新のSupplier Code of Conduct はサプライヤーに温室効果ガス排出量データに関する測定とレポートの提出を求めています。
  • Climate Innovation Fundからの最初の1億ドルの投資は世界中のエネルギーと運輸システムの変革に寄与する技術に焦点を当てます。Sol Systemとの新たなパートナーシップは500メガワットの再生可能エネルギーの確保と環境問題の影響を受けているコミュニティへの戦略的な投資に焦点を当てています。

今後も引き続き、顧客に向けて新たな機会やポジティブな結果をもたらすのに必要なトレーニング、スキル、サポート、価値、安全を提供しながら、パートナー様達の後押しをさせていただきます。私たちは今後の可能性に大いに期待しています。

ここに紹介されている情報やそれ以外の情報もこちらにリストされています。

 Inspire Book of News. https://news.microsoft.com/inspire2020/ でMicrosoft Inspireに関するニュースや注目すべき情報をフォローしてください。私たちは今後もパートナーエコシステムの行く末を楽しみにしています。

Tags: AzurecustomersMicrosoft 365Microsoft Inspirepartners

.