TIS と日本マイクロソフトは、ヘルスケア業界のデジタルトランスフォーメーションの推進に向けて連携することを発表します。両社は、パーソナル ヘルス レコード (PHR)(注) 分野においてヘルスケア情報の取り扱いで要求される各種ガイドラインに準拠したクラウドベースの技術を、「ヘルスケア リファレンス アーキテクチャー」としてパートナー企業に提供することで、システムやデータの最適化、イノベーションの加速を支援します。

現在多くのヘルスケアサービスが民間企業により提供されており、特に PHR 分野では日々膨大なデータが生み出されています。また行政でも、健康寿命の延伸に向けて、こうした PHR の活用を促進させる仕組みが検討されています。

  • バイタル・運動情報を取得するスマートウォッチ
  • 特定の疾患の治療や、栄養管理を行うスマートフォンアプリ
  • お薬手帳・母子手帳等の EHR データ (Electric Health Record、電子健康記録) を個人に見せるためのサービス

これら個人のヘルスケアデータ収集・管理には進展が見られるものの、それぞれのデータは分散して管理され、点在している状況です。そのため、個人は元より国や医療機関にとっても価値ある重要なデータであるにもかかわらず、データの統合・分析や、それらのデータを元にした総合的な判断が難しいといった課題があります。

TIS と日本マイクロソフトでは、ヘルスケアサービスに関わる民間企業が、ガイドラインを参照した標準仕様においてサービス連携やデータ流通を実現いただけるように、「ヘルスケア リファレンス アーキテクチャー」の提供を含む下記を実施します。

続きはこちら