富士フイルムグループの一員である富士フイルムソフトウエア株式会社では、メディカルやイメージングの領域を中心に、先進的なソフトウェアやサービスを開発、運用しています。同社が提供している法人向けのファイル管理、共有サービス「IMAGE WORKS(イメージワークス)」は、2017 年にMicrosoft Azure の PaaS を活用したクラウド型サービスへと進化し、サービス基盤のモダナイゼーションを果たしました。その後も最新のクラウド技術を柔軟に取り入れて機能追加を続け、2019 年 11 月には「Azure Cognitive Search」を活用した「類似画像検索」機能をリリースしました。そして 2020 年 1 月には、同機能を実際に導入したユーザー企業から寄せられた要望に応えるため、専門家を交えて集中的に実装を行うハッカソンを実施、マイクロソフトの技術者や外部のプロフェッショナルを招き、短期間でのサービス改善を実現しました。

Azure Cognitive Searchで画像を用いた類似画像検索を実現

IMAGE WORKS の開発チームでは、同サービスを導入した企業のニーズにいち早く応えるため、最新テクノロジーの活用を積極的に行っています。画像や動画など、IMAGE WORKS 導入企業が扱うイメージファイルのデータ容量とファイル数が増加したこともあり、Microsoft Azure の PaaS を利用してサービス基盤を構築しています。スケーラブルで安定性の高いサービス提供を実現しただけでなく、Azure が提供する最新機能、サービスを活用した付加価値の創出にも取り組んでいます。

続きはこちら