アイデアを事業化し、市場からフィードバックを受け取り、サービスを改善する。このライフサイクルは、かつては数年単位で回っていましたが、デジタル時代となった今では、早ければ数日間で継続的に回し続けることが求められます。

それはソフトウェアの開発においても同じです。変化の早い市場ニーズに合わせて、どれだけ柔軟に対応できるかが、競争力を左右するのです。開発の生産性と運用の効率性を可能な限り高め、新たなサービスリリースや機能追加を迅速に行っていかなければなりません。

デジタル時代の開発プロセスを模索してきた日立ソリューションズは、Microsoft Azure とVMware 社が提供するVMware Tanzu Application Service on Microsoft Azure を活用した「デジタルソリューション創出プラットフォーム」を構築しました。このクラウドネイティブなアプリケーション基盤へオンプレ版リシテアをリフト&シフトするノウハウによって、開発から実装までの期間を圧倒的に短縮することが可能となったのです。

続きはこちら