世界で活躍できる人材育成を目指した新しい教育環境「渋谷区モデル」を推進

日本マイクロソフトは、東京都渋谷区が、さらなる教育 ICT 環境の充実を目指し、区立の小中学校全 26 校のすべての児童生徒に 2020 年 9 月以降順次配布する端末として、マイクロソフトの最新デバイス「Surface Go 2」の 12,500 台の導入を決定したことを発表します。

「Surface Go 2」は、文部科学省が「GIGA スクール構想」で示している「学習者用端末の標準仕様」をすべて満たすとともに、様々なデジタル教材の活用に十分耐えうる性能、ペン描画機能、高精細の両側カメラなど、これからの子どもたちに必要な機能を備えた、GIGA スクール構想「応用パッケージ」に最適なデバイスです。日本マイクロソフトでは、昨日 2020 年 5 月 12 日 (火) より「Surface Go 2」の提供を開始しています。

続きはこちら