(この記事は2020 年5月5日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事New advanced specializations highlight partners’ Microsoft Teams expertiseの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

by Dan Truax 2020年5月6日
General Manager, One Commercial Partner  

世界中の何千社もの企業がリモートワークへの移行を進めている中で、組織はいかにして離れた場所で有意義なコラボレーションとエンゲージメントを促進するかに取り組んでいます。リモートワークは新しい概念ではありませんが、日常的であるという事実に慣れるまでには時間がかかり、多くの組織がこの変化し続ける環境で成功するために、すべての従業員に準備する計画を加速させようとしています。

しかし、課題は変化を受け入れる機会をもたらすものであり、多くの組織がこのような急速な変化の中で適応し、イノベーションを起こそうとしているのを目の当たりにして、私は興奮しています。ある企業にとっては、既存の計画を早急に進めるために必要な後押しのように感じるかもしれませんし、またある企業にとっては、未知の領域への移行は必要だが難しいものです。しかし、一つだけはっきりしていることは、この新しい働き方とそれを実現するために必要なテクノロジーに適応できなかった場合のコストは、導入にかかる時間とリソースへの投資よりもはるかに大きいということです。このトピックに関する多くの報道で言及されているように、変化は起こり、後戻りはできません。

企業がこれらの新しい現実に適応していく中で、マイクロソフトはパートナー様のためのリモートワークリソースに投資し続け、顧客の進化するテクノロジーニーズに対応する能力を実証していきます。先日のブログ記事で概説したように、マイクロソフトは、市場での関連性と差別化を促進するあらゆる方法でパートナーを支援することを約束しています。このことを念頭に置き、本日より、アクティブなCloud Productivityコンピテンシー(Goldコンピテンシー)を持つパートナー様の皆様に、新たに2つの高度なスペシャライゼーションをご紹介したいと思います。「Teamwork Deployment」と「Calling for Microsoft Teams」です。

アドバンスドスペシャライゼーション(高度な専門性) – Teamwork Deployment

リモートチームが成功するためには、技術的な摩擦を最小限に抑え、楽なコラボレーションを可能にすることが不可欠です。Office 365はリモートチームを強化するための強力な資産ですが、顧客がエコシステム全体の可能性を引き出すには、プラットフォームへの移行と適切な設定が必要です。

チームワーク導入サービスは、パートナー様にとって、顧客がMicrosoft Teams、SharePoint Online、Exchange Online、Yammerからビジネス価値を獲得するための重要な機会を提供し、パートナー様の顧客生涯価値を高めることができます。この高度な専門性は、市場でパートナー様を差別化するのに役立ち、顧客はニーズに最適なパートナー様を容易に見つけることができます。このアドバンテージが加わることで、パートナー様は Teams デプロイメントサービスのプラクティスを成長させ、顧客とのより有意義なつながりを構築することができます。

この分野の上級専門資格を取得するためには、アクティブなゴールドのCloud Productivityコンピテンシーを持つパートナーは、以下の基準を満たす必要があります。

・3つのTeamworkサービス(Exchange Online、SharePoint Online、Microsoft TeamsもしくはYammerから選択)において、過去12ヶ月間に最低2,500件のActive Entitlementを達成すること(CPORデータ)。

・直近12ヶ月間の各Teamworkサービス(Exchange Online、SharePoint Online、Microsoft Teams、Yammer)で、組織に関連する顧客のアクティブな使用率を平均20%に維持する こと。

・直近12ヶ月間に、Teamworkサービス(Exchange Online、SharePoint Online、Microsoft TeamsもしくはYammer)のいずれか1つのサービスについて、最低12社の新規顧客テナントを組織に紹介すること。

・MS-300およびMS-301 Microsoft 365認定資格に合格した人が組織内に4人いること。Microsoft 365 Certified: Teamwork Administrator Associate 試験

・Microsoft 365 Teamwork ワークロードを展開する能力を証明する3つの顧客リファレンスを提示すること。


アドバンスドスペシャライゼーション(高度な専門性) – Calling for Microsoft Teams

今、企業はこれまで以上に、統一されたコミュニケーションとチームワークを兼ね備えた最新の音声ソリューションと電話システム機能を必要としています。Calling in Teamsは、従業員、ビジネスパートナー、顧客にシームレスなコラボレーション体験を提供するために必要な機能を提供します。通話ソリューションの実装は複雑で、ネットワークの修復、O365サービスの展開、電話番号のプロビジョニング/ポーティング、デバイスの展開などが含まれるため、顧客はこのような高度に専門化されたスキルを持つパートナー様を必要としています。

Microsoft Teams向けコーリングの高度な専門性を獲得するには、アクティブなゴールドのCloud Productivityコンピテンシーを持つパートナー様は、以下の基準を満たす必要があります。

・直近12ヶ月間にMicrosoft Teamsのアクティブエンタイトルメントが2,500以上増加していること(CPORデータ)。

・Microsoft 365認定資格の両方に合格した人が4人いること。(Teams Administrator AssociateTeams Calling Technical Assessmentの両方に合格した者がいること)

・Microsoft 365電話システム、通話プラン、ダイレクトルーティング設定、ネットワークプランの導入と管理の能力を証明する3つの顧客リファレンスを提示すること。

リモートワークを可能にするためのコンピテンシーを構築し表示することは、パートナー様にとってますます重要性を増していくでしょう。私は、資格を持つすべてのパートナー様の皆様に、チームワークの展開とチームへの呼びかけの高度な専門知識と、先にリリースされた採用と変更管理の高度な専門知識を達成するために、必要な時間とリソースを投資することをお勧めします。