こんにちは。クラウド ビジネス相談センターの大久保です。

クラウド ビジネス相談センターは、MPN パートナー様のクラウド ビジネス推進を支援する窓口です。毎日たくさんのパートナー様から、さまざまなご相談をいただいています。

「そこが知りたい!シリーズ」では、クラウド ビジネス相談センター (クラ相) に寄せられるパートナー様のリアルなご相談をもとに、今パートナー様が知りたい内容をお届けしてまいります。

オンプレミス環境にあるアプリケーションをクラウド化しようと検討を始めると、必ずと言っていいほど「SQL Server は IaaSでいいの?それともPaaS?」という課題が出てきます。 もちろん SQL Server を使ってくださっているアプリケーション限定の話ではありますが…

PaaS にできればもちろん良いのは理解はしていても、今回の前提は「移行」です。 現行のシステムでできていたことは移行後もできてくれないと困ります。
同じことができること、という前提で検討を始めた結果、よくわからないからもう IaaS でいいよ… みたいな結論を出している人はいませんか? きっといますね。

Azure SQL Database でサポートされる機能については、こちらにまとまっています。

TITLE: Azure SQL Database の機能
URL: https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-features

特に注目していただきたいのは「プラットフォームの機能」です。 SQL Server には SQL Server Integration Service (SSIS) や SQL Server Analysis Service (SSAS) が含まれていますが、Azure SQL Database で提供されるのはデータベース エンジンおよびインスタンスのみで、SSIS と SSAS は別の PaaS サービスとして提供されていますので注意が必要です。

TITLE: Azure Data Factory
URL: https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/data-factory/

TITLE: Azure Analysis Services
URL: https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/analysis-services/

また、SQL Server エージェントについては、Azure SQL Database Managed Instance では (制限はあるものの) 利用できますが、単一およびエラスティック データベースでは利用ができません (現在プレビュー中)。
もし SQL Server エージェントを多く利用しているようなら、Managed Instance を利用するのも選択肢の一つです。

TITLE: データベース ジョブを使用して管理タスクを自動化する
URL: https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-job-automation-overview

上記資料にも書かれていますが、Azure SQL Database Managed Instance でのエージェント利用には一部制限もあります。
SQL Server 環境ではできたのに Azure SQL Database Managed Instance へ移行したらできなくなってしまった! ということもあるかもしれませんので、制限事項については事前によく確認してください。

 

参考になりましたか?

 

他にどんな方法があるの?自分の案件ではどう考えればよい?といったご相談なら、いつでもクラ相にご連絡ください!

 

===== クラウド ビジネス相談センター =====
クラウド ビジネス相談センターは、Microsoft Partner Network (MPN) にご参加いただいているパートナー様の技術的な支援を行っています。

Azure、Microsoft 365 など各種クラウド サービス、および、Windows Server、Windows 10、SQL Server について、提案準備中/提案中/展開計画中、アプリケーション設計/開発中のフェーズにおいて、パートナー様のビジネス フェーズに沿って、機能や構成についての情報やアドバイスの提供等の支援を行います。

対応範囲については、こちらの Web サイトをご覧ください。

MPN 特典として、メンバーシップに合わせて相談時間が提供されています。
Gold コンピテンシー、Silver コンピテンシーを取得済みのパートナー様は、ご提案先のお客様名など案件情報を共有していただけますと、提案中のご相談については無償で (相談時間を消費せず) ご利用いただけます。

皆様のご利用お待ちしています。ぜひ、クラウド ビジネス相談センターをご活用ください。

— ご利用方法
クラウド ビジネス相談センターのご利用は、お電話、または、オンラインで承っています。

電話
0120-70-8105 音声案内 3 番 (* 携帯からもご利用いただけます)
受付時間: 9:00 – 17:30 (土日祝日、弊社指定休業日を除く)

オンライン
MPN ポータル、または、Partner Center からご相談いただけます。
お問い合わせ手順は、こちらの Web サイトをご覧ください。

*本コンテンツのすべての内容は、作成日時点でのものであり、時間の経過または様々な後発事象によって変わる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。