Walgreens が店舗のチームと顧客に提供しているサポートは、数年分もの履歴情報から洞察を速やかに分析および生成する、データセンターによって支えられています。同社の成長に合わせて、データセンターも強化されなければなりません。しかしオンプレミスのデータ ウェアハウスのスケール拡大には、コスト面およびスピード面での問題がありました。クラウド上の Microsoft Azure Synapse Analytics へ移行することで、Walgreens はオペレーションのさまざまな領域を劇的に改善するとともに、総保有コストを低減、業務プロセスと意思決定プロセスを最新化することができました。

Walgreens は、創業から 118 年の薬局チェーンです。米国、プエルトリコ、米領ヴァージン諸島に 9,200 店舗以上を展開し、240,000 人以上の従業員を抱えています。顧客に求められている商品の特定を支援するため、Walgreens は毎日、膨大な量の店舗データを処理、分析し、それに基づくレポーティングを行わなければなりません。

データドリブンの在庫管理

Walgreens は、店頭とオンラインを合わせて 1 日に約 800 万人の顧客にサービスを提供しており、それと並行して大量のデータを生み出しています。店舗のマネージャーやスタッフは、顧客の求める商品を提供するとともに、在庫管理を最適化しなければなりません。これを支援する洞察を生成するために、同社は日々のトランザクションを、サプライチェーン全体の少なくとも 2 年分の履歴データと比較しています。Walgreens のデータ環境は以前からこのように複雑でしたが、同社が最近さらに別の薬局チェーンを買収した結果、分析対象となるデータ ポイントの数はますます増えました。

Walgreens で在庫管理 & 分析担当バイス プレジデントを務める Andy Kettlewell 氏は、次のように述べています。「データは、Walgreens の業務のあらゆる側面に欠かせない存在です。そのデータから、お客様が買おうとしている商品や、必要としている商品が見えてくるのです。」

続きはこちら