Walgreens は 1 年以上前に新たな形の顧客向け小売体験を実現する計画に乗り出しましたが、それにはまず、従業員のトレーニングを行うための革新的アプローチが必要であることに気付きました。

Walgreens の従業員は、最適な美容品について顧客にアドバイスを行う、写真のオーダーに対応する、医薬品を調剤する、顧客に合わせて健康や衛生に関する情報を提供するといった業務には慣れていましたが、生鮮食品を販売する、食料品を車まで運ぶ、顧客が夕飯の材料を見つける手伝いをするといった業務の経験がまったくなかったため、問題が生じる可能性がありました。

そこで、改装を行った “Kroger Express” 店舗でおよそ 2,500 点の食料品を新たに取り扱うにあたって従業員の準備を整えるべく、Walgreens は Microsoft HoloLens 2 とタブレット端末を使ったイマーシブな複合現実トレーニング プログラムのパイロット運用を進めています。

マイクロソフトとのより広範なパートナーシップの一環であるこのプログラムは、レイアウト変更された店舗の 3 次元モデルと多様なシナリオを用いて、商品を補充する方法や、玉ねぎやバナナが食べごろを過ぎたかどうか判断する方法、顧客がクーポンを食料品と引き換えるのを手伝う方法、そして、顧客サービスでの不慣れな状況に対処する方法 (顧客が欲しい食料品が品切れの場合に代替え商品を提案するなど) について、従業員を教育することを目指すものです。

続きはこちら