こんにちは。クラウド ビジネス相談センターの大久保です。

クラウド ビジネス相談センターは、MPN パートナー様のクラウド ビジネス推進を支援する窓口です。毎日たくさんのパートナー様から、さまざまなご相談をいただいています。

「そこが知りたい!シリーズ」では、クラウド ビジネス相談センター (クラ相) に寄せられるパートナー様のリアルなご相談をもとに、今パートナー様が知りたい内容をお届けしてまいります。

最近、Power Platform 関連のお問い合わせが非常に増えています。バズっている、と言ってもいいと思います。

今日は、この大注目のソリューションの中でも特に利用頻度が高いサービス、Microsoft Power Apps キャンバス アプリについてです。
キャンバス アプリは、その名の通りキャンバスに絵を描くかのような感覚でアプリを作れる、デザイン性や汎用性に優れしかも簡単なアプリ開発ツールです。

TITLE: Power Apps のキャンバスアプリとは
URL: https://docs.microsoft.com/ja-jp/powerapps/maker/canvas-apps/getting-started

データを一覧で表示したり、選択したデータを修正したり削除したり、新しいデータを追加したりなど直感的に操作でき、スマホでもタブレットでももちろん PC でも動作する、さまざまなシナリオで大活躍する注目のツールです。

ところで皆さん。Power Apps を使いはじめるのは非常に簡単ですが、作ったキャンバス アプリのデータをどこに置くか、よく考えたことってありますか?実はけっこう、奥が深いです。

Power Apps でキャンバス アプリを作る・実行する権利は Office 365 の一部のプランにも含まれるため、非常に多くのユーザー様に利用いただく機会があります。
そのキャンバス アプリからデータを保管する場所に接続するには「コネクタ」を使用します。この「コネクタ」には「プレミアム コネクタ」と「標準コネクタ」があり、Office 365 のライセンスのみ保有するユーザーは「プレミアム コネクタ」は利用できず、「標準コネクタ」のみ利用できます。

TITLE: Power Apps のキャンバスアプリコネクタの概要
URL: https://docs.microsoft.com/ja-jp/powerapps/maker/canvas-apps/connections-list

例えば、OneDrive 上にある Excel ファイルに接続するコネクタや、SharePoint リストに接続するコネクタは標準コネクタです。 一方、SQL Server や Oracle などのデータベース システムに接続するコネクタや Azure BLOB ストレージに接続するコネクタはプレミアム コネクタです。

ということは、Office 365 ライセンスのみでキャンバス アプリを利用するユーザーは、Excel ファイルや SharePoint リストに接続するキャンバス アプリは使えるけれども、SQL Server や Azure BLOB ストレージに接続するキャンバス アプリは使えない、ということになります。

また、Power Platform ではよく利用される Common Data Service (CDS) も Office 365 ライセンスのみでは利用できないため、Office 365 ユーザーのためのキャンバス アプリのデータ ソースとして使用する、という前提では対象から外れてしまいます。

こちらは Power Automate として紹介されているコネクタ一覧ですが、Power Apps でも有効ですのでご覧ください。(データの格納場所としては適さないものも含まれます)
「PREMIUM」とマークがあるコネクタはプレミアム コネクタです。

TITLE: サポートされているコネクタのリスト
URL: https://us.flow.microsoft.com/ja-jp/connectors/

ここまでのお話でおわかりのとおり、Office 365 ライセンスで Power Apps キャンバス アプリを使おうと計画する際は、データ保管場所としては事実上 Excel や SharePoint リスト程度しか選択肢がなく、結構困ってしまいます。

一人当たりが利用するアプリの数は少数だが、プレミアム コネクタや CDS を利用したアプリを使いたい場合、Power Apps アプリ単位のライセンスが有効です。 (以下のページの「単一アプリの実行」をご覧ください)

TITLE: Power Apps の価格
URL: https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/pricing/

このライセンスでは、1 ライセンス当たり、一人が、2 アプリ+1 ポータル まで利用できます。
Power Apps のライセンスでアプリを実行できれば、プレミアム コネクタや CDS を利用できますのでアプリの幅が格段に広がります。
また、キャンバス アプリだけでなくモデル駆動型アプリも使えますし、さらにポータルも活用でき、さらに Power Automate も利用できます (ライセンスを割り当てたアプリ内からの実行に限る)!
ちょっとした社内システムならこのライセンスでカバーできるかもしれません! ご検討ください。

 

参考になりましたか?

 

他にどんな方法があるの?自分の案件ではどう考えればよい?といったご相談なら、いつでもクラ相にご連絡ください!

 

===== クラウド ビジネス相談センター =====
クラウド ビジネス相談センターは、Microsoft Partner Network (MPN) にご参加いただいているパートナー様の技術的な支援を行っています。

Azure、Microsoft 365 など各種クラウド サービス、および、Windows Server、Windows 10、SQL Server について、提案準備中/提案中/展開計画中、アプリケーション設計/開発中のフェーズにおいて、パートナー様のビジネス フェーズに沿って、機能や構成についての情報やアドバイスの提供等の支援を行います。

対応範囲については、こちらの Web サイトをご覧ください。

MPN 特典として、メンバーシップに合わせて相談時間が提供されています。
Gold コンピテンシー、Silver コンピテンシーを取得済みのパートナー様は、ご提案先のお客様名など案件情報を共有していただけますと、提案中のご相談については無償で (相談時間を消費せず) ご利用いただけます。

皆様のご利用お待ちしています。ぜひ、クラウド ビジネス相談センターをご活用ください。

–ご利用方法
クラウド ビジネス相談センターのご利用は、お電話、または、オンラインで承っています。

電話
0120-70-8105 音声案内 3 番 (* 携帯からもご利用いただけます)
受付時間: 9:00 – 17:30 (土日祝日、弊社指定休業日を除く)

オンライン
MPN ポータル、または、Partner Center からご相談いただけます。
お問い合わせ手順は、こちらの Web サイトをご覧ください。

*本コンテンツのすべての内容は、作成日時点でのものであり、時間の経過または様々な後発事象によって変わる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。