現在、自動車業界ではデジタル化以前からの長い歴史の中で最も変革的な時を迎えています。自動車および運輸業界が集結する中、新しいモビリティサービスにフォーカスした分野で 2030 年までに 4 兆ドルもの機会が生じると予測されているのです。

ラスベガスにて年初に開催された CES 2020 では、その機会の幅広さや規模がこれまでにないほど顕著に現れていました。今年の CES では、CASE (コネクテッド、自動運転、シェアサービス、電気自動車) 周辺で起きているトランスフォーメーションと、CASE を実現している基盤技術という観点で、特に 2 つのテーマが際立っていました。

続きはこちら