2019 年 4 月に「働き方改革関連法」の一部が施行され、企業における働き方改革は、議論・検討の段階から実践段階へとシフトしました。働き手が減りつつある中、いかに長時間労働を解消しながら、生産性を向上させるのか。各社は試行錯誤を進めています。

組織やチームで仕事をする以上、円滑なコラボレーションは生産性向上の鍵となります。必要な情報をリアルタイムで共有し、各員のナレッジを結集し、互いに声を掛け合ってモチベートする。そのための重要な役割を担うのが、情報共有ツールです。

石川県を中心に電気設備工事など『電気』に関連する様々な事業をおこなう米沢電気工事株式会社は、2019 年 6 月から Microsoft Teams の利活用をスタートしました。建設現場という社外業務が多い同社において、場所に制約されることのない情報共有が可能になったことで、着実な働き方改革が実現しています。

続きはこちら