都市部への若年人口流出や事業の後継者不足の進行等を理由に、地方金融機関にはこれまでとは異なる役割が求められるようになってきています。金融資産の流通に留まらない支援を通じて地域にある企業を活性化させる。地域に暮らす人々を豊かにする。そういった働きかけを行うことが今日の地方金融機関には求められているのです。山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行の持株会社である山口フィナンシャルグループでは、今挙げた “金融機関の枠を超えた試み” によって地域課題を解決すべく「リージョナル・バリューアップ・カンパニー (地域価値向上会社) 」になることを掲げた各種取り組みを進めています。ここで進められている取り組みの 1 つが、地域のあらゆる情報の統合をビジョンとする「統合データベース」の構築です。同行では Microsoft Azure を活用し、勘定系システムや各システムに分散している顧客情報、Web サイトやスマートフォンの行動履歴などを統合的に取り扱うデータ分析基盤を整備。地域のあらゆる情報を集積していくことで、従来の金融サービスでは難しかったさまざまな価値を地域に提供していくことが目指されています。

「志を以って地域の豊かな未来を共創する」ことを目指す

山口フィナンシャルグループ (以下、YMFG) は 2019 年度、同行がミッションに掲げる「志を以って地域の豊かな未来を共創する」の達成に向けて「中期経営計画2019」を策定しました。YMFG が目指すのは”金融資産の流通” という従来の金融機関の役割を超えて地域の社会課題を解決していく、「リージョナル・バリューアップ・カンパニー」への変遷です。

続きはこちら