タクシー配車サービスで一躍脚光を浴びるようになった、電脳交通。同社は、徳島県で活動していることでも注目を集めています。なぜ、東京などの大都市に本拠地を置かないのか。その最大の理由は、地方で地に足をつけたサービス開発を行うことで地域交通の課題を解決したいという思いにあります。

もちろん、地方に本拠地を置くことによるデメリットがないわけではありません。しかし彼らは、コミュニケーションのスピードや質を落とさない工夫をすることで技術力を、そして課題解決力を高めて、全国からも熱い注目を集める企業として成長しているのです。電脳交通へのインタビューから、彼らが蓄積し、形にしたコミュニケーション術を探っていきます。

リモートワークの質をどう高めるか

電脳交通は、タクシー会社ひいては地域交通の課題解決を目指して、徳島県で地に足をつけて事業を展開する企業です。その画期的なサービスは全国から注目を集めています。

続きはこちら