自動車を最初に開発し、大量生産することによって交通革命を起こしたのは、カール ベンツ (Karl Benz) 氏とヘンリー フォード (Henry Ford) 氏でした。1 世紀以上経った今、自動車業界は再び交通のトランスフォーメーションに向けた準備を整えており、コネクテッドカーやパーソナライズされた自動運転体験、さらには電気自動車の開発を進めているほか、ライドシェアや配車サービス、複合輸送やスマートトランスポーテーションといった概念の新たな移動ビジネスモデルにも取り組んでいます。

コンサルティング会社の McKinsey & Company は、自動車業界が今後大きく成長し、2030 年までに 6 兆 6000 億ドル市場になると見込んでおり、中でも破壊的なビジネスモデルが収益全体の 25% を占めるとしています。メーカーは、自動車のシェアードサービスから完全な EV カーに至るまで、さまざまな新製品やサービスを開発中です。これにより、モビリティ アズ ア サービス (MaaS) を提供する大規模な車両フリートが登場し、個人が自動車を所有する時代から、サービスとして車両を利用する時代へと進むでしょう。また、車内体験も進化し、生産性や娯楽性が高くなるほか、安心かつ安全なパーソナルアシスタントがさまざまな交通状況をサポートし、企業や消費者に付加価値を提供するようになります。

このトランスフォーメーションには、データを中心としたマインドが必要です。自動車業界では膨大な量のデータが生成されるためです。とはいえ、企業はこうしたデータから関連するインサイトを導き出す準備が完全にはできていません。今後の成功は、企業がデジタルインサイトを特定して取り入れ、イノベーションへの取り組み方を進化させることができるかどうかにかかっています。マイクロソフトがデジタルフィードバックループと呼んでいる考え方を通じ、企業全体が関連するデータ、例えば、顧客やパートナーとの関係管理や、従業員のエンゲージメント、主要製品の制作、企業運営などのデータをつなげることができ、継続的に製品やサービスを向上し、モビリティ企業は競合との差別化を図ることができます。

マイクロソフトでは、こうした自動車業界の巨大な可能性を解き放つべく、インテリジェントクラウドやインテリジェントエッジ、IoT、AI サービスなどを提供して同業界をサポートし、自動車企業が自らデジタル機能を構築し拡張できるよう支援しています。

続きはこちら