11 月 18 日から 24 日までの 7 日間 、東京・渋谷にて開催された「これからの働き方」「未来の会社」について様々なテーマについて語り合うイベント「Tokyo Work Design Week 2019」 。その公式プログラムとして、パネルディスカッション「僕たちはどうすれば幸せになれますか ?〜 AI 時代の幸福をマネジメントする 〜」が開催されました 。

AI やクラウドをはじめとするテクノロジーが進化する一方 、見通しを立てづらく混沌とした激動の時代 。わたしたちにとって幸せとは何か 。どうすれば思い描いた幸福を追求することができるのでしょうか 。21 世紀の幸福を研究している予防医学研究者・医学博士の石川善樹 ( いしかわよしき ) さん 、大手電機メーカーの会社員でもありながら 、株式会社ハピキラ FACTORY 代表取締役 、慶應義塾大学大学院 特任助教としても活躍されている正能茉優 ( しょうのうまゆ ) さん 、日本マイクロソフトの執行役員 常務として「週勤 4 日 & 週休 3 日」のトライアルをはじめとする自社の働き方改革をリードしている手島主税 (てしまちから) の三人が「これからの仕事&幸福」をテーマに意見を交わし 、会場はこれからの働き方・ワークライフバランスに関心を持つビジネスパーソンで満席になりました 。

続きはこちら