こんにちは。クラウド ビジネス相談センターの武田です。

クラウド ビジネス相談センターは、MPN パートナー様のクラウド ビジネス推進を支援する窓口です。毎日たくさんのパートナー様から、さまざまなご相談をいただいています。

「そこが知りたい!シリーズ」では、クラウド ビジネス相談センター (クラ相) に寄せられるパートナー様のリアルなご相談をもとに、今パートナー様が知りたい内容をお届けしてまいります。

最近、クライアント PC の入れ替え案件にて、1 台のクライアント PC 上で異なるバージョンの Office を共存させることは可能かどうかをご相談いただく機会が増えています。

ご存知のとおり、この共存可否を判断するのは一筋縄ではいかないのですが、Office の複数のバージョンを 1 台のクライアント PC に共存できるかできないかを判断するための、重要なポイントは以下のとおりです。

・Office のバージョン (2013、2016、2019、Office 365 ProPlus/Business など)

・インストール テクノロジ (MSI、クイック実行)

・重複するアプリケーションが含まれているかどうか (Excel、Word などのアプリケーションが重複するOffice スイート同士など)

さらに、もう一つ注意すべき点は、実は Office 2016、Office 2019、Office 365 ProPlus/Business は、すべて同じバージョンとして扱われるということです。
Office 2019 と Office 2016 なんて明らかにバージョンが違いそうですが、実は、いずれも内部バージョンは同じ 16.0 となっています。

ですので、たとえば Office 2016 から Office 365 ProPlus への移行にあたって一時的に共存させたいというご要望もあると思いますが、これはできません。
(Office 2016 がクイック実行でも MSI でも ProPlus インストール時に Office 2016 の削除を求められます。)

ただし、Office 2016 というのがスイートではなくて単体の Visio や Project であれば共存は可能です。
既存の Visio/Project をボリューム ライセンスで購入していて、インストール テクノロジが MSI であるという状況でも、クイック実行でインストールして共存可能とする回避策が用意されています。
具体的にはこちら。

Title: Office 展開ツールを使用して Project 2016 および Visio 2016 のボリューム ライセンス バージョンをインストールする
URL: https://docs.microsoft.com/ja-jp/deployoffice/use-the-office-deployment-tool-to-install-volume-licensed-editions-of-visio-2016

— 参考情報
こちらに共存できるシナリオについて詳しい説明がありますので、よろしければご参照ください。

Title: 同一コンピューター上に異なるバージョンの Office、Project、Visio をインストールするためのサポート対象シナリオ
URL: https://docs.microsoft.com/ja-jp/deployoffice/install-different-office-visio-and-project-versions-on-the-same-computer

どのバージョン、どの製品が一緒にインストールできるのかは、↓の web ページを見ると一覧表で確認できますよ!

Title: 同じ PC にインストールできる Office 製品について
URL: https://www.microsoft.com/ja-jp/office/homeuse/attention4.aspx

参考になりましたか?

クラウド ビジネス相談センターで承っている、Office 365 ProPlus/Business に関連したご相談がありましたらぜひご連絡ください!

 

===== クラウド ビジネス相談センター =====

クラウド ビジネス相談センターは、Microsoft Partner Network (MPN) にご参加いただいているパートナー様の技術的な支援を行っています。

Azure、Microsoft 365 など各種クラウド サービス、および、Windows Server、Windows 10、SQL Server について、提案準備中/提案中/展開計画中、アプリケーション設計/開発中のフェーズにおいて、パートナー様のビジネス フェーズに沿って、機能や構成についての情報やアドバイスの提供等の支援を行います。

対応範囲については、こちらの Web サイトをご覧ください。

MPN 特典として、メンバーシップに合わせて相談時間が提供されています。
Gold コンピテンシー、Silver コンピテンシーを取得済みのパートナー様は、ご提案先のお客様名など案件情報を共有していただけますと、提案中のご相談については無償で (相談時間を消費せず) ご利用いただけます。

皆様のご利用お待ちしています。ぜひ、クラウド ビジネス相談センターをご活用ください。

– ご利用方法

クラウド ビジネス相談センターのご利用は、お電話、または、オンラインで承っています。

電話

0120-70-8105 音声案内 3 番 (* 携帯からもご利用いただけます)

受付時間: 9:00 – 17:30 (土日祝日、弊社指定休業日を除く)

オンライン

MPN ポータル、または、Partner Center からご相談いただけます。

お問い合わせ手順は、こちらの Web サイトをご覧ください。

* 本コンテンツのすべての内容は、作成日時点でのものであり、時間の経過または様々な後発事象によって変わる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。