大手 ICT 企業である NTTコミュニケーションズでは、 システム部主導のもと利用組織と連携して、 複数のツールで構成されているコミュニケーション基盤を Microsoft Teams へと移行しています。 複数のコミュニケーション手段を単一ユーザー インターフェイスへと統一することでユーザーの利便性を向上、 これによってコミュニケーションのスピードや量、 密度を飛躍的に高めることに成功しているのです。 その結果、 人と人とのつながりが深まり、 自律的な組織も実現しやすくなりました。 そしてこのような変革は、 働き方改革にも大きな貢献を果たすと期待されていますが、 今までコミュニケーションの中心がメールを使っていたため、 全社に Teams を浸透させるのは容易ではありませんでした。 そこで、 利用組織の代表として国内の金融業界や公共団体向けの営業を担当する第三営業本部とシステム部とマイクロソフトが導入初期段階から二人三脚で、 全社へ浸透させていった取組みが大きな成果を上げて、 Teams を全社のコミュニケーション基盤として浸透させて、 組織文化の変革、 働き方の改革を成し遂げていったのです。

続きはこちら