こんにちは。 クラウド ビジネス相談センターの大久保です。

クラウド ビジネス相談センターは、 MPN パートナー様のクラウド ビジネス推進を支援する窓口です。 毎日たくさんのパートナー様から、 さまざまなご相談をいただいています。

「そこが知りたい!シリーズ」では、 クラウド ビジネス相談センター (クラ相) に寄せられるパートナー様のリアルなご相談をもとに、 今パートナー様が知りたい内容をお届けしてまいります。

さて。今日のご相談は「Azure で web サイトをホストしたいが、とにかく毎月のコストを下げたい!一番安い方法を教えて!」です。

コストは低ければ低いほどいいに決まっている、とは単純に言えないのがパートナー様の辛いところですよね。自社のソリューションを安かろう悪かろうにはできません。
エンド様の要件をすべて満たした上で、やっぱり一番安い方法が知りたい!わかります。

私、大久保が考える「ちょっとでも安く web サイトをホストする方法」をご紹介しますので、要件に合わせて検討してみてください。

 

その 1 : すべて無料!

App Services には無料のプランがあります。

TITLE: App Service の価格
URL: https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/app-service/windows/

カスタム ドメインは使用できませんが、.NET のリモートデバッグや Kudu、継続的デプロイにも対応できます。
バックアップ機能は利用できないため、ソースコードなどのリソースは別途管理する必要があります。

また、最大インスタンス数は 1 ですので、複数インスタンスでの負荷分散はできません。
アクセス集中による過負荷対策など必要ない小規模サイト、または検証中の環境での利用がお勧めです。

 

その 2 : ファイルを保存した分だけ!

Azure Storage アカウントには、静的 web サイトをホストする機能が用意されています。

TITLE: Azure Storage での静的 Web サイト ホスティング
URL: https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/blobs/storage-blob-static-website

さすがに無料というわけにはいきませんが、かかる費用は BLOB ストレージに保管する web ページリソース ファイルの容量に対しての課金のみです。

カスタム ドメインも構成でき、地理的冗長ストレージを利用すれば災害対策にもなります。
また、ストレージ アカウントあたりの最大要求レートは 1 秒あたり 20,000 要求ですので、アクセス数の多い web サイトにもある程度は対応できるかと思います。

HTML、CSS、JavaScript、画像ファイルだけで構成されているシンプルな web ページにはお勧めです。

 

その 3 : 複数 web サイトで App Service プランを共有!

App Service プランで普通に運用しようとすると結構価格が高い、というお声を頂戴しますが、もし App Service プラン Standard でも自分の web アプリには性能が高すぎて余っちゃう!場合、ひとつの App Service プランに複数の web サイトを立てる構成をお勧めします。

ひとつの App Service プラン Standard S1 にひとつの web アプリしか配置しない場合、web アプリ当たりの一か月のコストは ¥9,647 (2019 年 9 月現在) ですが、10 個の web アプリを配置すればひとつの web アプリ当たりの一か月のコストは 10 分の 1 (\964) になります。

ただし、スケールアウト時にインスタンスが増える場合、特定のアプリだけのインスタンスを増やすことはできず、10 個のアプリがデプロイされていれば 10 個のアプリがあるインスタンスがそのまま増えていく形になります。

ひとつの web アプリが使用する CPU やメモリ量が少なくアクセス数も少ないが、冗長性は担保しなければならないケースではお勧めです。

 

参考になりましたか?
他にどんな方法があるの?自分の案件ではどう考えればよい?といったご相談なら、いつでもクラ相にご連絡ください!

 

===== クラウド ビジネス相談センター =====
クラウド ビジネス相談センターは、Microsoft Partner Network (MPN) にご参加いただいているパートナー様の技術的な支援を行っています。

Azure、Microsoft 365 など各種クラウド サービス、および、Windows Server、Windows 10、SQL Server について、提案準備中/提案中/展開計画中、アプリケーション設計/開発中のフェーズにおいて、パートナー様のビジネス フェーズに沿って、機能や構成についての情報やアドバイスの提供等の支援を行います。

対応範囲については、こちらの Web サイトをご覧ください。

MPN 特典として、メンバーシップに合わせて相談時間が提供されています。
Gold コンピテンシー、Silver コンピテンシーを取得済みのパートナー様は、ご提案先のお客様名など案件情報を共有していただけますと、提案中のご相談については無償で (相談時間を消費せず) ご利用いただけます。

皆様のご利用お待ちしています。ぜひ、クラウド ビジネス相談センターをご活用ください。

 

— ご利用方法
クラウド ビジネス相談センターのご利用は、お電話、または、オンラインで承っています。

電話
0120-70-8105 音声案内 3 番 (* 携帯からもご利用いただけます)
受付時間: 9:00 – 17:30 (土日祝日、弊社指定休業日を除く)

オンライン
MPN ポータル、または、Partner Center からご相談いただけます。
お問い合わせ手順は、こちらの Web サイトをご覧ください。

* 本コンテンツのすべての内容は、作成日時点でのものであり、時間の経過または様々な後発事象によって変わる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。