高速道路インフラの「安全・安心」を確保し続ける――この命題を達するために、 東日本高速道路株式会社 (以下、 NEXCO東日本) では今、 スマートメンテナンスハイウェイ (SMH) と呼ばれる試みが進められています。

高速道路のメンテナンスに関わるあらゆる情報を統合データベースに集積する。 そしてこの基盤にある情報を、 メンテナンスの現場で使用されるエッジ端末を介して業務利用する。 SMH がビジョンに掲げるのは、 ICT やロボティクス技術を駆使し、 データを駆動させながら、 “誰もが適切にインフラ管理作業を実施できる” 世界の実現です。

続きはこちら