日本は、 世界でも有数の “高い医療水準” を持つ国だと言われています。 ただ、 “高水準な医療が標準化されている” ことと同義かというと、 決してそうではありません。 手術や治療といった医療処置は、 腕やノウハウに基づく暗黙知 (経験的に使っているものの簡単に言葉では説明ができない知識) に左右される領域を多分に含んでいます。 数多くの名医が日本の “高い医療水準” を支えていることは事実ですが、 医療現場に広まる暗黙知を放置していては、 後進は育たず、 施設間にある医療水準のギャップも開くばかりでしょう。

続きはこちら