FAO (国際連合食糧農業機関) の統計資料「FAOSTAT」で、 日本は農産物生産額において世界 9 位 (2017 年時点) に位置付けています。 狭い土地でもその高い品質により一定の付加価値を創出している日本農業は、 ある意味で、 個人技によって付加価値を創造してきた職人的な産業だと言えます。 しかし、 世界の農業ビジネスは圧倒的なスケールのもと、 急速な生産の効率化、 低コスト化が進んでいます。 日本の農業は国土の制約から個々の農家の規模拡大に制限があります。 今ここで農家同士が手を結び、 技術や仕組みの共有化・ 標準化を進めていかなければ、 やがては世界の農業に追従することができなくなるでしょう。

マーケティングと農業技術の融合をプロデュースする Orchard & Technology株式会社 は、現在、こうした日本の農業が抱える課題を解消するため、ある試みを進めています。同社が取り組むのは、AI を活用した栽培ノウハウの形式知化とこの共有です。

続きはこちら