読売新聞社は今、 社会のデジタル化に応対するために、 ある IT 変革に取り組んでいます。 その試みの一つが 2019 年 2 月にサービスをスタートした「読売新聞オンライン」 です。 読売新聞オンラインは、 単にニュース情報をオンライン上で掲載するサービスとは一線を画しています。 紙の読売新聞とデジタルの読売新聞オンライン、 この双方がお互いを補完し合うことで、 “これまでにない情報体験” を創出することを目指しているのです。

IT はめまぐるしい速度で発展します。オンラインが得意とする領域もまた、日々変化していくでしょう。読売新聞オンラインの在り方も常に変えていかなければ、 “これまでにない情報体験” を持続可能な形で提供することはできません。同サービスのリリースにあたり、読売新聞社は、Microsoft Azure (以下、Azure) とインターネットイニシアティブ (以下、IIJ) の ネットワーク サービスとインテグレーションを利用し、”フル クラウドによるサービス基盤構築” と “アプリの内製化” という 2 つの IT 変革を推進しました。技術者が定常運用ではなく開発側へリソースを割り当てることができる。NoOps とも呼ぶべき体制を構築することで、”これまでにない情報体験” を提供し続けようとしているのです。

続きはこちら