“New in AI” では、 ビジネスや社会の変革に向けて、 マイクロソフト AI を活用いただいている世界各地の事例を紹介します。

AI は自動車保険の課題を取り除く

自動車事故の際の損害調査に時間がかかり保険契約者が何日も運転をすることができないということが時にあります。 毎年 2 億 3,000 万台以上の自動車が 5 億件もの自動車事故を起こすインドでは、 損害調査をより効率化する必要がありました。 そこで、 ICICI Lombard は Microsoft と提携して、 インド初の AI 対応の自動車損害調査アプリ「Insure」を開発しました。 このアプリケーションは、 保険契約者が事故を起こした際に車の画像を撮ってアプリにアップロードするだけで、 AI が画像を分析して損害を特定、 瞬時に修理費用の見積もりを出すことができます。 このモジュールは年内に発売される予定で、 同社は毎月 8 万件以上の請求を事故当日中に処理することを目指しています。

続きはこちら