国内 RPA ツールシェア 1 位の実績

日本では、 少子高齢化による労働人口の減少が喫緊の課題です。 最近話題の RPA (Robotic Process Automation) は、 ソフトウェアで業務を自動化する仕組みで、 人手不足の打開策の 1 つとして注目を集めています。 RPA のツールは海外製も含めて多数ありますが、 その中で高い支持を得ているのが株式会社エヌ・ティ・ティ・データ (以下、 NTTデータ) も提供する国産 RPA ツール、 WinActor です。

WinActor は、国内 RPA ツール市場のシェア第 1 位 (1)、また NTTデータは、2018 年の顧客満足度調査 (2) およびパートナー満足度調査 (*3) の RPA 部門において第 1 位を獲得しています。2019 年 3 月、WinActor は約 3,000 社に採用され、ライセンス数は 3 万件を超えています。

続きはこちら