「 課題提起型デジタルカンパニー」 として、 多岐にわたるビジネス課題や社会課題を解決し続けているコニカミノルタ株式会社。 2013 年には介護現場の負担軽減に向けた取り組みに着手し、 2016 年に介護施設向けの「ケアサポートソリューション」 をリリースしています。 その一方で在宅介護の課題解決にむけ、 クラウドを活用したプロトタイプの検証を開始。 そこで選ばれたのが Microsoft Azureでした。 採用の理由は IoT Hub の存在と高いセキュリティ、 そしてスピーディなコンセプト検証を可能にする充実した PaaS 機能です。 最初のシステム構築をわずか 1 か月で完了し、その後も段階的な機能追加を短期間で実現。 ソリューションを利用している居宅介護支援事務所からも高く評価されています。

続きはこちら