(この記事は2019年6月26日にMicrosoft Partner Network blogに掲載された記事Take action to reduce stressful situationsの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

ストレスは現代の職場の必然的な一部になりつつあります。残念ながら、それで良いことは何もありません。健康への悪影響はよく研究されています。もう一つの大きな欠点が明るみに出ています。ストレスは、職場での存在感が低く、新しいスキルを習得する能力が限られている人々と結びついています。ストレスは、心理学者キャロル・ドゥエックが指摘した、学習と成長を受け入れる思考形式である「グロースマインドセット」の育成を大きく妨げる可能性があります。研究では、成長の考え方と仕事や生活の成功を持つ人々の間の関連性が指摘されています。

また、マイクロソフトでは、人々のグロースマインドセットを積極的に奨励する職場環境を作ることは、インクルーシブな文化の創造に深く関わるものであると考えています。だから、職場でストレスを感じることが多いと、新しいことに挑戦して学ぶことができなくなります。それはまた、多くの場合、彼らが属しているように感じていないことを意味します。

ストレスの多い状況を再設計することは、私たちにとって重要なリーダーシップの特徴であり、包括的な行動です。

言い方を変えると、ストレスの多い状況を積極的に減らすと、グロースマインドセットが繁栄する機会が生まれ、あらゆるバックグラウンドを持つ人々が貢献し、学び、成長することができます。これは実際にどのようなものでしょうか。それは、人々が判断、罰、または恥ずかしさを恐れずに安全に貢献していると感じる環境を育成するために、事前に計画を立てることを意味します。

そのため、私たちの10の包括的な行動の1つは、「ストレスの多い状況を減らすために行動を起こす」ことです。ここでの重点は「行動を起こす」です。大規模な顧客会議やベンダーの交渉など、大きな顧客会議やベンダーの交渉など、大きな賭けになる状況になる前に戦略を立て、ストレスを引き起こす可能性のあるすべてのことを最小限に抑える計画を積極的に行います。

行動を起こす重要な方法の 1 つは、現実的で達成可能な目標と期限を作成することです。世界保健機関(WHO)によると、従業員が同僚からのサポートなしで知識や能力を超えて実行することが期待される場合、一般的にストレスの多い職場環境となるということです。逆に、従業員が職場でコントロールと選択を行うことができると感じるとき、期待が管理可能で、同僚や上司の協力的なネットワークを持っているとき、彼らはストレスが少なくなります。また、これらの環境は、より多くの従業員に対してよりインクルーシブになる傾向があります。

可能な限り、生産性の高い結果を生み出すために必要なすべての情報をチームに提供する必要がある。これは、大規模な会議の前に直前の情報の過負荷を減らすか、重要な交渉の前にすべてのチームメンバーに同じ量の情報を与えることを意味します。

最も重要なのは、穏やかに行動することを計画することです。あなたが常に「背水の陣」モードである場合、その行動は簡単にあなたの周りの人に伝染します。あなた自身の落ち着きを維持することは、あなたの周りの人々のストレスの多い状況を積極的に減らすのに役立ちます。

リーダーとして、ストレスの多い状況を積極的に減らすことは、誰もが報復を恐れることなく、誰もが間違いを犯し、そこから学ぶ機会を持っていることを積極的に保証することを意味します。

チームのインクルージョンを追求する人が増えるにつれて、学習意識を持ってリードする必要があります。あなたがマネージャーであっても、インクルージョンや多様性に挫折した時から学び、適応する必要があります。事前に計画してストレスの多い環境を減らすことは、革新的でインクルーシブで成長志向の今日のリーダーにとって、必要なことです。

職場で頻繁に見つけられるストレスの多い状況を考えてみましょう。 そして誰もが歓迎され、学ぶことができるように、ストレスを軽減するためにどのように事前に計画を立てることができるか、考えましょう。