2019年7 月 14 日から 18 日まで、全世界のマイクロソフトのパートナー様が一堂に会し米国のネバタ州ラスベガスで開催された Microsoft Inspire 2019 は、昨年よりマイクロソフトのグローバル社員総会である Microsoft Ready と同時開催となっており、CEO の Satya Nadella による基調講演(Core Note)を双方のイベント参加者が同じ会場で視聴するという大変規模の大きなイベントとなっています。

Satya Nalleda がリードする今年の「Inspire + Ready」 Core Note では、マイクロソフトの先進性を具現化したデモやお客様事例紹介で “日本” が大々的に取り上げられており、大きな話題になっていましたので、ここでご紹介します。

 

まずは、Azure ビジネスの責任者である Julia White のデモをご紹介します。Satya が語る「Democratizing AI(AIの民主化)」の話の中で呼び出された彼女は、先進のMixed Reality や Microsoft AI テクノロジーの組み合わせによる “Mind-Blowing(きわめて刺激的でびっくりする)” なデモを繰り広げました。それは、「日本語の話せない彼女が日本語を話す」ものでした。HoloLens 2 を装着した Julia の手のひらには、彼女の分身である “mini-me” が乗っていましたが、彼女の呼びかけによって、ホログラムで再現された等身大の Julia が登場し、彼女の声でいきなり流ちょうな日本語で話し始めたのです。

このデモは、複数の先進テクノロジーがリアルタイムに連携して実現しています。Julia のスピーチを認識しテキスト化する → 言語の翻訳を行う(今回のデモでは英語から日本語) → 翻訳されたテキストを彼女の声で再現する(ニューラルTTS ~ 最新のAIテクノロジー)、といった一連の技術連鎖が Azure 上で実行されているのです。”Mind-Blowing” なテクノロジーに圧倒されるとともに、日本人としてはこのグローバルなイベントの重要なデモで日本語を取り上げてくれたことに(しかも彼女の日本語は完璧でした!)感動を覚えた方も多いのではないでしょうか。さらに重要なことは、彼女も言っていましたが、これが未来のイメージなどではなく、今ここで起きている現実だということです。

 

次にご紹介するのは、日本のお客様の事例です。伊勢で 100 年続いているゑびや大食堂様は、従業員自らが自学で AI や BI を学ばれ、Power BI による来客情報の可視化に加え、Azure Machine Learning を活用した高精度な「来客・注文予測」システムを構築しフードロスの減少や来客者の満足度向上、従業員の勤怠効率化などを実現されてきました。

ゑびや様の構築されたシステムは、自店舗のみならず、他の小売業や飲食業への活用が見込めるとのことで、ゑびや様から独立された EBILAB 様よりAzure 上に構築されたサービスパッケージとしてすでに提供が開始されています。この事例ビデオが流された後の Core Note 会場からは、惜しみない大きな拍手が沸き起こっていました。

 

Insprie + Ready というグローバルな場で「日本」が多く取り上げられることは大変喜ばしいことです。日本マイクロソフトといたしましても、パートナー様との協業を一層深め、『地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする』ため、パートナー様と共にまい進してまいります。

 

※Core Note の録画はこちらからご覧いただけます。