今年も日本マイクロソフト最大規模のパートナー イベント Microsoft Japan Partner Conference 2019が8月30日、東京で開催されます。
今年は、「Together, we are more」 をテーマに掲げ、マイクロソフト社員、パートナー様同士の交流はもちろん、新たなステークホルダーとのリレーション構築もご提供いたします。
基調講演ではマイクロソフトが掲げる3つのイノベーションの中でも最も注力している「インダストリイノベーション」に焦点を当て、代表取締役 社長の平野や、執行役員 常務 パートナー事業本部長の高橋より、戦略のアップデートや先進的な事例の紹介をいたします。
さらにパートナー様自身のデジタルトランスフォーメーションについて、パートナー様とマイクロソフト社員のパネルディスカッションを通してご紹介いたします。

【7月16日更新!】ブレイクアウトセッションの情報が公開されました
イベント午後は、マイクロソフトとビジネスパートナー(イベントスポンサー)様による数多くのブレイクアウトセッションが実施されます。本日より、マイクロソフト関連のブレイクアウトセッション情報が公開されましたので、以下簡単にご紹介します。(ブレイクアウトセッション詳細はこちらから

 

Microsoft Azure と AI で加速するデジタル改革
業務執行役員 Azure ビジネス本部 本部長 浅野智
Microsoft Azure および AI 関連サービスの最新アップデート情報を事例やデモを交じえてご紹介します。

 

「信頼できる Cloud」の進化 – 法務と加速する AI ビジネス
業務執行役員 政策渉外・法務本部 副本部長 弁護士 舟山 聡
お客様にとって Cloud への移行は不安がいっぱいです。そんなお客様に対して、パートナー様からどんな情報をお伝えすべきでしょうか。
特に「法的にはどうなの?」という難しそうな質問には、頭を抱えてしまうパートナー様もいらっしゃるのではないでしょうか。
本セッションでは、マイクロソフト法務部門から、パートナー様がすぐに使える最新情報を、まったく初めての人にも分かりやすく解説します。

 

デジタル トランスフォーメーション – マイクロソフトの社内オペレーションにおける取り組みのご紹介
Microsoft Corporation / Microsoft Business Operations
パートナー ビジネス マネジャー 荒木 伸子
Microsoft Corporation / Commercial Licensing
シニア パートナー チャネル マーケティング マネジャー Michael Martens
マイクロソフトの描くコマース エクスペリエンスを可能にするには、より効率的なパートナー、カスタマー エクスペリエンスが不可欠です。このセッションでは、マイクロソフト自身のオペレーション業務におけるデジタル トランスフォーメーションの過程と、どのようにパートナー エコシステムの成長を支えているかをご紹介します。

 

Microsoft 365 と Microsoft Teams のアップデート (仮)
本セッションでは、生産性向上やセキュリティを支える Microsoft 365 が提供する最新のソリューションをご紹介するとともに、各業種のお客様のチームワークに対する増大するニーズに応える、拡張可能な Microsoft Teams プラットフォームで開発すべきソリューションの市場機会と事例をご紹介します。

 

2025 年の崖を克服!
「Microsoft Dynamics 365 x Power Platform」の魅力をご紹介します
Dynamics ビジネス本部 本部長 大谷 健
「2025 年の崖」を克服するには、新しいユーザー体験を提供するためのデジタル変革への投資が不可欠となります。本セッションでは、製造業や小売流通業はじめとする現場におけるデジタル変革の妨げとなる基幹系、情報系のレガシー システムからデータを解放し、デジタル変革を加速するためのクラウドの活用法についてデモを交じえてご紹介します。

 

Microsoft Surface で広がるビジネス機会
~Microsoft 365 の魅力を引き出す最適なデバイス~
Surface ビジネス本部 本部長 小黒 信介
法人市場での Microsoft Surface ビジネスは 6 年連続で右肩上がりの成長をしています。堅調に伸びているひとつの大きな要因は、Microsoft 365 の浸透と利活用の拡大です。具体的には、働き方改革のシンボルとしての導入、クラウド シフトに合わせた端末のモバイル化、教育環境のデジタル化など、Microsoft 365 との組み合わせでの相乗効果を評価いただき、Surface の採用へと至っています。
本セッションでは、デバイス市場の概況、Surface が今お客様に評価いただいているポイント、Microsoft 365 利活用促進への貢献シナリオなどから、Surface がどのようにビジネス機会を広げるのか、パートナー様向けのプログラムやリソースも交じえてご紹介します。

 

インダストリー イノベーションを推進する先進のパートナー エコシステム
業務執行役員 パートナー マーケティング統括本部 統括本部長 山本 多絵子
日本のデジタル トランスフォーメーション市場においてパートナー様と共にビジネス成長を実現していくための、マイクロソフトのパートナー戦略のアップデートや、マーケット プレース、Co-Sell など共同販売のさらなる推進、その他パートナー支援プログラムの最新情報をご紹介をするとともに、新たな取り組みとしてスタートした「MPN for Industry」パートナー プログラムについて詳しくご説明します。

 

Mixed Reality がもたらす新たなビジネス機会
コンシューマー&デバイス セールス
HoloLens グローバル セールス パートナー セールス エグゼクティブ 村中 徹
マイクロソフト テクノロジーセンター
テクノロジー アーキテクト 鈴木 敦史
日本登場から約 2 年半が経過し、さまざまなインダストリーで活用が進む Microsoft HoloLens の次世代バージョン HoloLens 2 がついに年内に販売が開始されます。操作性、快適性の向上、視野角の拡大などハードウェアの飛躍的な進化、そして Microsoft Dynamics 365 MR ビジネスアプリ、Microsoft Azure MR サービスに代表される Mixed Reality ソリューション ポートフォリオの拡充と適用シーンについて解説します。さらに、26 社に拡大し多くのインダストリー シナリオに対応したアプリケーションの提供の基盤となっている、認定パートナー プログラムの新バージョン Microsoft Mixed Reality パートナー プログラム 2.0 についてもご紹介します。

 

Society 5.0 “超スマート社会” の実現に向けた日本マイクロソフトの取り組み
パートナー マーケティング統括本部 マーケティング戦略本部 本部長 斎藤 泰行
日本マイクロソフトでは、デジタル トランスフォーメーション (DX) による Society 5.0 “超スマート社会” の実現のために、パートナー企業とのビジネス共創が必要不可欠であると考えております。本セッションでは、既存のパートナー企業はもちろん、これから新たにマイクロソフトのパートナー エコシステムに加わることを検討されている企業を対象に、Society 5.0 の実現に向けた日本マイクロソフトの取り組みと、パートナー企業とのビジネス共創を推進するための各種施策などについてご紹介します。

 

<開催概要>
日時: 2019 年 8 月 30 日 (金)
会場 : ザ・プリンス パークタワー東京
参加費 : 無料 (事前登録制)
公式サイト/お申込み:https://aka.ms/jpc2019