(この記事は2019年7月12日にMicrosoft Partner Network blogに掲載された記事Updates to program change announcementsの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

ガブリエラ・シュスター
コーポレートバイスプレジデント、One Commercial Partner

 

当社のパートナーの皆様へ:

この数日間、ゴールドとシルバーのコンピテンシーに含まれる特典や、マイクロソフト アクション パックに含まれる特典、特に社内使用権(IUR)、特にパートナー企業を運営するための製品ライセンスの使用に関する条項に関連する特典に関する変更について、多くの方からご連絡をいただいています。

この度はフィードバックを共有していただきまして誠にありがとうございます。それを踏まえまして、パートナーの特典に関する更新を提供したいと思います。

パートナーの皆様とのパートナーシップと信頼は当社にとって重要です。皆様からのフィードバックを受け、今月初めに発表された社内使用権およびコンピテンシー変更の予定に関連するすべての計画変更を見直すことを決定しました。つまり、今年度は重要な変更が発生せず、先に発表された2020年 7 月からの IUR ライセンスの削減やライセンスに関連するコストの増加が発生することはなくなりました。

今回、頂きましたフィードバックを計画に反映いたしました。

毎年、当社ではパートナーの皆様との関わり方を見直し、お客様にクラス最高のサポートを提供し、市場の変化に先んじていられるようにアプローチを進化させています。今後は、懸念を軽減し、問題に前もって対処するために、パートナーコミュニティとより早い通知と協議を行うことを約束します。私たちは、すべてのパートナーに機会を創出するために、パートナープログラムに投資し続けます。

これらの変更を取り消す決定は、厳格な見直しプロセスの中で行われ、重要な決定要因は、パートナーの皆様とのつながりと信頼であり、それは当たり前とは言えない貴重な資産でした。当社と皆様で、デジタルトランスフォーメーション業界全体のカタリストであり続けることができます。

皆様のご意見をお待ちしております。

 

ガブリエラ

 

編集者注:2019 7 12 :多くのパートナーの皆様から、この発表にオンプレミスサポートと新しいコンピテンシー要件の計画的な変更が含まれているか明確にしてほしいとご意見をいただきました。これらについても見直されることを確認しました。